男子は中村・服部、女子は前田穂・鈴木が五輪代表内定…MGC

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

表彰台に並ぶ男子1位の中村匠吾(中央右)、女子1位の前田穂南(同左)、男子2位の服部勇馬(右端)、女子2位の鈴木亜由子(左端)(15日、明治神宮外苑で)=三浦邦彦撮影
表彰台に並ぶ男子1位の中村匠吾(中央右)、女子1位の前田穂南(同左)、男子2位の服部勇馬(右端)、女子2位の鈴木亜由子(左端)(15日、明治神宮外苑で)=三浦邦彦撮影
マラソングランドチャンピオンシップで優勝し、東京五輪が内定した中村匠吾(15日)=関口寛人撮影
マラソングランドチャンピオンシップで優勝し、東京五輪が内定した中村匠吾(15日)=関口寛人撮影
女子で優勝し、東京五輪の代表に内定した前田穂南(15日)=関口寛人撮影
女子で優勝し、東京五輪の代表に内定した前田穂南(15日)=関口寛人撮影
一斉にスタートを切る男子の選手たち(15日)=関口寛人撮影
一斉にスタートを切る男子の選手たち(15日)=関口寛人撮影
一斉にスタートを切る女子の選手たち(15日)=関口寛人撮影
一斉にスタートを切る女子の選手たち(15日)=関口寛人撮影
銀座四丁目交差点を通過する男子選手たち(15日)=池谷美帆撮影
銀座四丁目交差点を通過する男子選手たち(15日)=池谷美帆撮影

 マラソンの東京五輪代表決定レース、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)が15日、都内の明治神宮外苑発着の五輪とほぼ同じコースで開催され、男子は中村匠吾しょうご(26)(富士通)が2時間11分28秒で1位、服部勇馬(25)(トヨタ自動車)が2時間11分36秒で2位となり、ともに東京五輪代表に内定した。女子は前田穂南ほなみ(23)(天満屋)が2時間25分15秒の1位、鈴木亜由子(27)(日本郵政グループ)が2時間29分2秒の2位で内定した。

 3位は男子が日本記録保持者の大迫すぐる(28)(ナイキ)で、女子は小原おはら怜(29)(天満屋)。

 代表の残り男女各1枠は、来年3月までの各3大会で派遣設定記録(男子2時間5分49秒、女子2時間22分22秒)以内で最速タイムの選手を選出。突破者がいない場合は大迫、小原が内定する。男女各2人が内定する「一発勝負」のMGCは、条件の違う複数大会を対象としたため選手選考で混乱を招いた過去の反省を踏まえ、今回新たに導入された。

無断転載禁止
796433 0 東京オリンピック・パラリンピック 2019/09/15 09:32:00 2019/09/15 23:07:00 2019/09/15 23:07:00 マラソングランドチャンピオンシップ、表彰台に並ぶ男子1位の中村匠吾(中央右)、女子1位の前田穂南(中央左)、男子2位の服部勇馬(右)、女子2位の鈴木亜由子(左)(15日午後0時46分、明治神宮外苑で)=三浦邦彦撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/09/20190915-OYT1I50064-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ