五輪内定の向田真優「銀」、北朝鮮選手に敗れる

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 レスリングの世界選手権は18日、カザフスタンのヌルスルタンで行われ、女子57キロ級の川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)は準決勝を勝って銀メダル以上が決まり、東京五輪代表に内定した。五輪5連覇を目指してきた伊調馨(ALSOK)のこの階級での代表の可能性は消滅した。76キロ級の皆川博恵(クリナップ)も2位以上が確定し、五輪代表切符を手にした。32歳の皆川は初の五輪出場。決勝は19日に行われる。17日に五輪代表に内定した53キロ級の向田むかいだ真優(至学館大)は決勝で北朝鮮選手に敗れた。非五輪階級55キロ級の入江ななみ(福井県スポーツ協会)も決勝で敗れた。

無断転載禁止
802356 0 東京オリンピック・パラリンピック 2019/09/18 22:55:00 2019/09/18 22:56:26 2019/09/18 22:56:26

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ