2020人は「偶然です」…五輪聖火リレー応募者

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2020年東京五輪の聖火リレーで福島県を走る聖火ランナー(公募枠59人)について、県は8月末の締め切りまでに計2020人の応募があったと発表した。今後、応募書類を参考に、県内59市町村にゆかりのあるランナーを選出する。

 2020人という人数について、県オリンピック・パラリンピック推進室は「幅広い年代からご応募をいただいた結果。開催年と同数になったのは偶然です」としている。

 応募は7月1日から2か月間行われ、県内外から幅広く希望者があった。当選すれば12月以降、大会組織委員会から本人に通知される。聖火リレーは来年3月26日にJヴィレッジ(広野町、楢葉町)を出発し、3日間で25市町村を通過する。

無断転載禁止
805468 0 東京オリンピック・パラリンピック 2019/09/20 15:16:00 2019/09/20 15:16:00 2019/09/20 15:16:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ