ニュース

聖火リレー、福岡の公募201倍…東京の2倍に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2020年東京五輪の聖火リレーで、福岡県が公募したランナーの倍率が200倍を超えたことがわかった。東京都の103倍を上回り、九州・山口・沖縄でも突出して高くなっている。

 組織委によると、聖火リレーが行われる日数に応じて、1日当たり22人がランナーとなり、半分以上が公募と決まっている。

 5月12、13日にリレーが行われる福岡県では、22人の公募に対し、4428人の応募があり、倍率は201倍。人口が多い割に公募数が少なく、高倍率になったとみられる。組織委が12月中に決定する。

 福岡以外の九州・山口・沖縄の倍率は41~73倍。東京は、165人の公募に1万6932人が応じた。

無断転載・複製を禁じます
817353 0 東京オリンピック2020速報 2019/09/28 05:00:00 2019/09/28 05:00:00 2019/09/28 05:00:00

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スラローム
カヌー・スプリント
自転車・トラック
自転車・ロード
自転車・BMX
自転車・マウンテンバイク
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年8月4日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう