ニュース

IOC札幌会場案、日本陸連「代表見直し絶対ない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2020年東京五輪の陸上男女マラソンと競歩の会場をめぐり、国際オリンピック委員会(IOC)が東京から札幌市への変更案を示したことを受けて、日本陸連の麻場一徳強化委員長は17日、マラソン代表内定の4選手について「(選考の見直しは)絶対にない」と明言した。いずれも9月、ほぼ現行計画通りのコースで行われたマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で、五輪切符を勝ち取った。

 4選手は男子の中村匠吾(富士通)、服部勇馬(トヨタ自動車)、女子の前田穂南(天満屋)、鈴木亜由子(日本郵政グループ)。

 一方、14年頃から暑熱対策に力を入れてきた陸連科学委員会の杉田正明委員長は、会場変更案の行方にかかわらず情報収集は必要として、五輪開催時の札幌市の気象データ把握に着手したことを明らかにした。「(札幌開催なら)長い時間をかけたシミュレーションが台無しになってしまうのは残念。決まった場合は粛々と対応するしかない」と語った。

無断転載禁止
850246 0 東京オリンピック2020速報 2019/10/17 19:15:00 2019/10/17 19:15:00 2019/10/17 19:15:00

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スラローム
カヌー・スプリント
自転車・トラック
自転車・ロード
自転車・BMX
自転車・マウンテンバイク
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9
競技・種目
  • 2020年5月8日更新

サーフィンの7月26日~8月2日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう