ニュース

五輪自転車ロードレース、コース数十か所で土砂崩れ…復旧めど立たず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

大規模な土砂崩れが起き、崩落した国道413号(17日午後0時14分、神奈川県相模原市緑区で)=市川憲司撮影
大規模な土砂崩れが起き、崩落した国道413号(17日午後0時14分、神奈川県相模原市緑区で)=市川憲司撮影

 神奈川県相模原市は17日、2020年東京五輪の自転車ロードレースのコースとなる同市の国道413号で、台風19号の大雨による土砂崩れが数十か所で起きたことを明らかにした。

 市によると、緑区青根地区で約40メートルにわたって道路が崩落するなど、大きな被害が確認された。ロードレースのコースとしては約30キロのうち約14キロの区間が通行止めとなり、復旧のめどは立っていない。

 国道413号では、昨年10月にも台風24号の影響で道路が崩落し、市が半年かけて仮設の橋を建設したばかり。市は今回の台風19号では、復旧までにさらに時間がかかるとみている。

 五輪の自転車ロードレースは7月25、26日に行われる。市オリンピック・パラリンピック推進課は「復旧に努めるが、開催の可否は組織委員会の判断を仰ぐしかない」としている。

無断転載禁止
851197 0 東京オリンピック2020速報 2019/10/18 10:33:00 2019/10/18 11:51:11 2019/10/18 11:51:11 土砂崩れで流された国道413号。陸上自衛隊が国道沿いに新しい道路を作った(10月17日午後0時14分、神奈川県相模原市緑区で)=市川憲司撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191018-OYT1I50024-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スラローム
カヌー・スプリント
自転車・トラック
自転車・ロード
自転車・BMX
自転車・マウンテンバイク
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9
競技・種目
  • 2020年5月8日更新

サーフィンの7月26日~8月2日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう