[深層NEWS]谷口浩美氏「IOCの札幌開催判断、選手の立場を考慮か疑問」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 1991年陸上世界選手権男子マラソン金メダルの谷口浩美氏と原晋・青山学院大陸上部長距離監督、スポーツジャーナリストの二宮清純氏が5日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、2020年東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催について議論した。

 国際オリンピック委員会(IOC)の判断について、谷口氏は「どういうところが選手の立場で考えられているのか疑問だ。開催地を急に変えられると、今までの準備は何だったのかということになる」と指摘した。原氏はマラソンコースの設定について、「日本の専門家を中心に、しっかりと考えるべきだ」と話した。

無断転載禁止
882792 0 東京オリンピック・パラリンピック 2019/11/05 22:58:00 2019/11/05 22:58:00 2019/11/05 22:58:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ