五輪チケット2次抽選販売、13日申し込み開始…マラソンは対象外

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は8日、五輪の国内在住者向けチケット第2次抽選販売の申し込みを今月13日に始めると発表した。東京から札幌に会場変更された男女マラソンなど一部の競技や種目を除く開閉会式と32競技の743セッション(単一、または複数種目を含む区分)で、計約100万枚が販売される。

 今回、ボクシングが初めて販売される。マラソンと、競技時間の変更が検討されているトライアスロン、水泳(オープンウォータースイミング)、総合馬術(クロスカントリー)は対象外となる。

 チケットは「第1希望」と「第2希望」をそれぞれ18枚ずつ申し込みできるが、当選は最大18枚まで。同じセッションでクラスが下の席種の抽選に参加できる「カスケード」も用意されている。

 申し込みは公式販売サイト(https://ticket.tokyo2020.org/)から行う。1次抽選販売などに参加した人は、同じIDを使う必要がある。受付期間は、13日未明から26日午前11時59分までで、当落は12月18日にメールや公式販売サイトの「マイチケット」で通知する。

 購入の参考にしてもらうため、組織委は5月の1次抽選時の申し込み傾向を明らかにした。開閉会式や競泳、体操、野球など日本選手の活躍が期待される競技の人気が高かったほか、各セッションで最高値の席と最安値の席への申し込みが集中。平日の日中や座席数が多い会場、予選は比較的申し込みが少なかった。

 東京五輪のチケットはこれまで計357万枚が販売された。組織委は東京開催を前提に販売したマラソンのチケットについては払い戻しに応じるが、実際の手続きは数か月先になるという。

無断転載禁止
888404 0 東京オリンピック・パラリンピック 2019/11/08 14:29:00 2019/11/08 21:03:35 2019/11/08 21:03:35

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ