ニュース

今野敏さん、都内で「沖縄空手」演武会~塾創立20周年祝う

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

沖縄空手を演武する今野さん
沖縄空手を演武する今野さん

 警察小説などで知られるベストセラー作家の今野敏さんが9日、塾長を務める空手塾「少林流空手 今野塾」の創立20周年を記念し、東京都内で演武会を開いた。今野塾は沖縄に伝わる伝統的な空手(沖縄空手)を追究・実践するため、今野さんが1999年に創立した。この日は国内外の支部で学ぶ弟子たち約60人が日頃の練習の成果を披露したほか、沖縄空手界の重鎮4人が流派に伝わる型を実演し、観客を沸かせた。沖縄空手の演武会が都内で開かれるのは数少ない機会とあって、多くの空手ファンが観覧に訪れた。

 演武会は東京・目黒区の本部塾生による基本の型で始まり、黒帯(有段者)による組手や棒術も披露された。今野さんも塾長として「チントウ」と呼ばれる高度で実戦的な型を演じて見せた。

組手を披露するロシア支部の塾生たち
組手を披露するロシア支部の塾生たち

 ひときわ拍手が大きかったのは、ロシア支部の塾生約20人の演武。ロシア人の師範代が日本語でかけ声をかけるのに合わせて、気合の入った演武を披露した。

 沖縄から招かれた重鎮は、それぞれの流派・団体で師範を務める渡嘉敷唯夫、八木明哲、比嘉稔、島袋善保の4氏。今野さんは作家活動の傍ら沖縄を足しげく訪れ、師と仰ぐ彼らに空手の型を見てもらい、歴史を学んできたという。直線的な動きが特徴の沖縄空手だが、4人の演武は、年齢を重ねたことで「しなやかさ」と「しなり」が加わり、沖縄空手の奥深さを感じさせた。観客は身を乗り出したり、スマホで動画を撮影したりして堪能していた。

渡嘉敷唯夫氏
渡嘉敷唯夫氏
八木明哲氏
八木明哲氏

比嘉稔氏
比嘉稔氏
島袋善保氏
島袋善保氏

 沖縄空手は、現在主流の「競技空手」(スポーツ空手)が普及する以前の古武道が源流。琉球王国の士族階級で伝承されていた秘術の面影を残すが、試合をしたり勝敗を決めたりすることはない。今野さんは、戦後、空手が本土に普及してスポーツ化され、ルールが整備される一方で、沖縄空手の伝統が変質していくことに危機感を募らせてきた。

 来年は東京オリンピックが開かれ、初めて空手がメダル種目として実施される。今野さんは演武会終了後、「こういう(PRの)チャンスを少しでも作らないといけない。『競技空手』が空手のすべてだということになってしまうのは何とか防ぎたい」と語った。

 今野 敏(こんの・びん)(64)
 1955年9月27日、北海道生まれ。上智大学在学中の1978年に「怪物が街にやってくる」で問題小説新人賞を受賞。2006年に「隠蔽捜査」で吉川英治文学新人賞を、2008年に「果断 隠蔽捜査2」で山本周五郎賞、日本推理作家協会賞をダブル受賞。近著に「任侠浴場」(中央公論新社)など。日本推理作家協会代表理事。
 大学時代、空手同好会に所属し、卒業後も道場に通い続けた。1999年に沖縄空手を追究する「空手道 今野塾」を設立。「義珍の拳」「琉球空手、ばか一代」「チャンミーグヮー」(いずれも集英社)など、空手にまつわる著作多数。

演武会を終えたばかりの今野敏さんに聞きました

 ――演武会を終えた今の気持ちは?
 演武会は何が起こるか分からないので、今は本当にほっとしている。充実感がある。

 ――きょう一番、印象的な場面は?
 (沖縄剛柔流の)渡嘉敷唯夫さんの演武「パッサイ」だ。これはなかなか見られない。

 ――人気作家と空手家の二足のわらじで歩んだ20年を振り返ると?
 「人気作家」とおっしゃったが、人気のない作家の時代のほうが長かった(笑)。でもね、淡々とスケジュールをこなしていたら20年たっちゃったなという感じだ。3か月に1回は大阪支部と福山支部に、年に1回はロシア支部に審査とセミナーをやりにいく。それを20年続けてきたというのが実感だ。たぶん同じことをこれから先も続けると思う。

気合に満ちた「型」を打つロシア支部の塾生たち
気合に満ちた「型」を打つロシア支部の塾生たち

 ――ロシアから来たお弟子さんに大きな拍手が送られていた。
 わざわざ(ここまで)来てくれましたからね。とにかく、我々と同じことをやっているというのを(観客に)見てほしかった。特別なことをやっているんじゃない。ロシア人も我々と同じことをやって伝統を守っているというところを、ぜひ見てほしかった。

 ――沖縄空手の重鎮による演武は貴重な機会では?
 一番のハイライトだ。我々だけの演武会だったら、こんな大がかりなことをやるつもりはなかった。沖縄から4人の先生が来てくださるということで、これは本気でやらなきゃという話になり、700人くらい入る大きな会場を押さえることになった。こういうチャンスを少しでもいいから作らないといけないと思っている。

弟子の演武を見つめる今野さん(左)
弟子の演武を見つめる今野さん(左)

 ――塾長は以前から「競技空手と沖縄空手は別物」と公言し、東京オリンピック開催に警戒心を隠しませんでした。
 気持ちは変わっていない。競技(空手)をやること自体が悪いと言っているわけではない。やっていただいて結構だ。ただ、「競技空手が最高の空手だ」と思われると困る。だから、地味だけど我々はこういう演武会をやらないといけない。タイミングはよかったと思う。来年、オリンピックがある。これをきっかけに、いろいろなところで発言していかないといけないと思う。「伝統空手は面白いんだ」ということを言っていかないといけない。

 ――次の節目に向けて沖縄空手とどう向き合う?
 まず、研究をもっとしなきゃいけない。今やっている型も、もっと変わるかも知れないし、間違っているかもしれない。毎年、沖縄に行くと発見をする。こっちのほうがいいなとか。だから、そういう研究活動は一生、続けていくんだろうなと。弟子は迷惑だと思うが(笑)。

 ――最後に来場者にメッセージを。
 きょう、お運びいただいた方々にお礼を申し上げます。間違いなく、きょうはいいものがいっぱいありましたので、それを大切に持っていてほしいなと思います。ありがとうございました。

<演武会ハイライト(動画)>

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
892119 0 東京オリンピック2020速報 2019/11/11 12:00:00 2020/01/23 14:26:52 2020/01/23 14:26:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191111-OYT8I50030-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「空手」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある