五輪チケット、2次抽選受け付け開始…サッカーなど「狙い目」か

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2020年東京五輪の国内在住者向けチケットの2次抽選販売の受け付けが13日未明、公式販売サイトで始まった。大会組織委員会は、チケットを申し込む際の参考にしてもらうため、5月に行った1次抽選の応募状況を公表している。

 1次抽選では開閉会式のほか、競泳や体操、バドミントンなどのメダルがかかった試合を観戦できる「メダルセッション」に申し込みが集中。新しく五輪に加わった3人制バスケットボールや自転車BMXフリースタイル、スポーツクライミングなども多く、曜日別では金曜日の夜や土曜日のチケットの人気が高かった。

 一方、7人制ラグビーやサッカーなど席数の多い会場で行われる競技や、ホッケー、ビーチバレーボールの予選などは比較的倍率が低く、2次抽選の「狙い目」になりそうだ。

 今回は、開閉会式と32競技の計約100万枚が売り出される。申し込みは公式販売サイト(https://ticket.tokyo2020.org/)から行う。受け付けは26日午前11時59分までで、12月18日に当落がメールなどで通知される。

無断転載禁止
896536 0 東京オリンピック・パラリンピック 2019/11/13 10:34:00 2019/11/13 12:17:10 2019/11/13 12:17:10

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ