パラ、700超の市区町村で採火…集めて「聖火」にしてリレー

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は22日、東京パラリンピック聖火リレーの概要を発表した。パラリンピックの多様性を示すため、47都道府県の700超の市区町村で独自のやり方で採られた火を集めて聖火とする。来年8月に競技会場のある4都県で行われる聖火リレーのランナーは約1000人とし、今月27日から募集を開始することも明らかにした。

 五輪の聖火は、ギリシャ南部オリンピアの火と決められているが、パラリンピックは様々な方法で採火することが認められている。今回、組織委の参加の呼びかけに、全国700超の市区町村が手を挙げた。具体的な採火方法は来春に決まるが、地域の祭りで使われた火などが想定されている。過去大会では、スマートフォンのアプリを使って仮想の火を集めた例もあった。

 採火は来年8月13日から各市区町村で行われる。競技会場のある静岡、千葉、埼玉、東京の4都県では同18~21日に採火と、各都県の火を使った聖火リレーも行われる。21日夜には全国の火と、パラ発祥の地・英国で採取された火が一つに統合され、22~25日に東京都内の18区市を巡る。

無断転載禁止
913727 0 東京オリンピック・パラリンピック 2019/11/22 23:21:00 2019/11/22 23:21:00 2019/11/22 23:21:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191122-OYT1I50055-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ