ニュース

WADA、東京五輪・パラ含む4年間ロシアを除外…「ごまかしと否定続けてきた」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

記者会見するWADAのリーディー会長(スイスのローザンヌで)=岡田浩幸撮影
記者会見するWADAのリーディー会長(スイスのローザンヌで)=岡田浩幸撮影

 【ローザンヌ(スイス西部)=杉野謙太郎】世界反ドーピング機関(WADA)は9日、スイスのローザンヌで臨時常任理事会を開き、ロシアがドーピング検査に絡むデータを組織的に改ざんしたとして、2020年東京五輪・パラリンピックを含むスポーツの主要大会から4年間、ロシアを除外する処分を全会一致で決定した。ロシアは処分を受け入れるかどうかを21日以内に回答する。不服の場合、スポーツ仲裁裁判所(CAS)で争うことになる。

 ロシアは、国際オリンピック委員会(IOC)がロシア五輪委員会を資格停止とした18年平昌ピョンチャン冬季大会、来年の東京大会、22年北京冬季大会の3大会続けて五輪から除外される。ただ平昌大会と同様に、不正に関わっていないと証明できた選手は個人資格で参加する道が残される。

 ロシアは、米国や中国などとともに五輪でメダルを量産してきた強豪国。今回の処分によって、各競技の世界選手権への参加や国際スポーツ大会の開催もできなくなる。

 WADAは組織的ドーピングの実態解明のため、昨年9月にモスクワの検査所のデータ提供を条件にロシア反ドーピング機関(RUSADA)の資格停止を解除した。だが今年1月に回収したデータが改ざんされていたことがわかった。

 WADAのクレイグ・リーディー会長(英)は、「ロシアはあまりにも長い間、スポーツのクリーンさを損ねてきた。(組織的ドーピングの)問題を正常化する機会を与えられてきたにもかかわらず、自らを正す代わりに、ごまかしと否定を続けてきた」と強く非難した。

無断転載・複製を禁じます
940808 0 東京オリンピック2020速報 2019/12/09 19:52:00 2019/12/10 05:24:11 2019/12/10 05:24:11 記者会見するWADAのリーディー会長(スイスのローザンヌで) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/12/20191209-OYT1I50048-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年9月2日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう