ニュース

東京五輪の選手村でスピーチ、平和への思い伝えたい[カウントダウン]

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 静岡高校2年 池田真理奈さん(17)(静岡)

 昨年12月22日、スポーツの力と平和をテーマにした「東京2020高校生英語スピーチコンテスト」で最優秀賞を受賞しました。私がしたのは、地元・静岡県に住んでいた直木賞作家・杉本苑子さん(故人)のエッセーについての話です。

 杉本さんは太平洋戦争中の1943年、当時の明治神宮外苑競技場(東京)で学徒兵を戦場に送り出す「出陣学徒壮行会」に立ち会いました。その21年後の64年、同じ場所に建った国立競技場で行われた東京五輪開会式に行き、世界の若者の行進を見る時が来るとは思わなかった、と記しています。

 当時の記録映画を見た私の印象に残ったのは、閉会式です。違う国の選手同士が楽しそうに笑い、別れる際には涙を流していました。その場面を見て、必ず戦争のない世界を作っていけると励まされた気がしました。

 最優秀賞の副賞で、2020年東京五輪の選手村でスピーチできる機会を得ました。自国を代表する選手たちに平和への思いを伝えたいと思います。そして開会式で行われる、人類の友情と平和のための行進を楽しみにしています。

スクラップは会員限定です

使い方
974664 0 東京オリンピック 2020/01/01 05:00:00 2020/01/30 15:59:03 2020/01/30 15:59:03 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/12/20191227-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「カウントダウン」のニュース

オリンピック 新着ニュース