オリンピック・パラリンピック

おじいちゃんの笑顔とグッズ、引き継いで応援[カウントダウン]

無断転載・複製を禁じます

 「五輪おじさん」の孫 山田蔵之輔君(13)(東京)

 五輪会場で金色のシルクハットをかぶり、日の丸の扇子で応援していた「オリンピックおじさん」(山田直稔さん)は、僕のおじいちゃんです。

 東京五輪は一緒に応援に行こうと約束していましたが、昨年3月に92歳で亡くなりました。お葬式で、おじいちゃんが名乗っていた「応援団長」を引き継ぐことを宣言しました。顔も陽気な性格も似てると言われるし、やるしかないと思ったので。

 女子バレーボールの試合を見に行くので、おじいちゃんの応援グッズを使って声援を送ろうと思います。大事なのは「笑顔」と「感謝」。おじいちゃんは、いつも笑顔だったし、五輪は平和の祭典なので感謝の気持ちも忘れちゃいけないと感じています。

 「人を喜ばせた数の多い人ほど幸せになれる」。おじいちゃんは、こう教えてくれました。僕も、おじいちゃんのように明るく元気で、選手全員に聞こえる声で応援して、喜んでもらいたいです。

オリンピック・パラリンピック
ページTOP