ニュース

3人目は水谷隼・平野美宇選手、団体戦に出場…卓球五輪代表

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本卓球協会は6日、東京五輪の日本代表男女各3人を発表し、注目の団体戦要員には、男子で水谷隼選手(30)(木下グループ)、女子で平野美宇選手(19)(日本生命)が選ばれた。

 すでに代表入りを確実としていたシングルス各2人は、男子の張本智和選手(16)(木下グループ)と丹羽孝希選手(25)(スヴェンソン)、女子の伊藤美誠選手(19)(スターツ)と石川佳純選手(26)(全農)が順当に選出された。東京五輪から採用される混合ダブルスは水谷、伊藤両選手のペアとなった。

 日本協会はシングルス代表について、今月発表の世界ランキングで日本人上位2人を選ぶとしていた。団体戦要員は強化本部がダブルスの相性などから決定できるが、水谷、平野の2人はともに世界ランクで日本人3番手につけていた。団体戦は、シングルス代表の2人を加えた3人で戦う。張本、平野の両選手は初の五輪出場となる。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
985483 0 東京オリンピック2020速報 2020/01/06 13:22:00 2020/01/06 16:52:41 2020/01/06 16:52:41

「卓球」のニュース

オリンピック 新着ニュース