ニュース

東京五輪聖火台の燃料、大会初の水素

   
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ローザンヌ(スイス西部)=杉野謙太郎】2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は10日、スイスのローザンヌで開かれた国際オリンピック委員会(IOC)総会で、聖火台では大会史上初めて水素を燃料とすることを発表した。武藤敏郎事務総長が「水素は脱炭素への『ゴールデン・チケット』として期待されている。聖火台は、東京大会による持続可能性の追求への象徴になる」と説明した。

 総会では、陸上界で活躍したIOC委員からマラソンと競歩の札幌市への移転を歓迎する発言もあった。ポール・テルガト委員(ケニア)は「選手のパフォーマンスにとって気候は非常に重要だ。東京よりも対応しやすい札幌への移転をうれしく思う」と述べ、ステファン・ホルム委員(スウェーデン)は「選手たちの利益を一番に考えた結果だと信じている」と語った。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
994762 0 東京オリンピック2020速報 2020/01/10 21:14:00 2020/01/10 21:14:00 2020/01/10 21:14:00

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年10月5日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう