ニュース

自慢のスギを選手村へ、木材の良さ見直す契機に[カウントダウン]

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

天竜森林組合地域材推進課長 鈴木省吾さん(49)(静岡)

 選手村の交流施設「ビレッジプラザ」に、床や柱などの建築資材として浜松市天竜区産のスギ材約34立方メートル(木造住宅2~3軒分)を提供しました。大会組織委員会の呼びかけに市が応じ、天竜森林組合が木材の調達や加工、納品まで、一連の作業を請け負いました。

 天竜材は強度があり、しっかり管理されていることが特徴です。納品した木材はすべて、持続可能な森林経営の国際基準を満たしたFSC(森林管理協議会)の認証を受けています。

 前回の東京五輪は生まれる前でした。日本で開催すること自体がすごいことで、裏方として携われることをうれしく思います。

 メイン会場となる新しい国立競技場や、有明アリーナにも天竜材のほか各地の木材がふんだんに使われ、「和」を演出しています。多くの人が見て触れて、木材の価値や良さを再発見してほしいです。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1014611 0 東京オリンピック2020速報 2020/02/04 05:00:00 2020/02/04 05:17:18 2020/02/04 05:17:18 鈴木省吾さん(天竜森林組合)(12月25日、浜松市天竜区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200120-OYT1I50051-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「カウントダウン」のニュース

オリンピック 新着ニュース