ニュース

「空手界のプリンス」を決意させた、おみくじの一言とは?

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「空手界のプリンス」と呼ばれ、東京オリンピックの男子組手75キロ級でメダル獲得が期待される西村拳選手(24)。24日から始まる「プレミアリーグ2020パリ大会」での3連覇に向け、集中力が高まってきているという。そのきっかけとなったのが、初詣のおみくじに書かれた言葉だった。(読売新聞オンライン 河合良昭)

ネット動画に苦しめられる

東京オリンピックでメダルが期待される西村選手(右)
東京オリンピックでメダルが期待される西村選手(右)

 西村選手は福岡市生まれで、父は元世界チャンピオン。「空手界のプリンス」と呼ばれる。1メートル80の長身から繰り出される上段蹴りが得意技だ。2019年に三つの国際大会で優勝を果たして、世界ランキングでも上位を保っており、東京オリンピックの男子組手75キロ級でメダル獲得が期待されている選手だ。

 しかし、昨年は思わぬ敵が現れた。ネット動画だ。「試合をすると瞬時にその動画がネットに上がってしまい、研究された」といい、「得意の上段蹴りの対策を立てられ、負けてしまうこともあった」と振り返る。出場した試合数も多く、研究されやすかったため、東京オリンピックまでは試合数を絞る。現在は上段蹴りをさらに生かそうと、中段蹴りなどにも磨きをかける練習に力を入れている。

おみくじの結果で集中力

画像はイメージです
画像はイメージです

 年明けは「正月太りはしたくないので」と元日から走り込みを始めた。初詣で神社に行き、おみくじをひいたが、結果は「吉」。「大吉まで伸びしろがあるということで、ポジティブに先を目指す僕にふさわしい結果だと思います」という。

 ただ、おみくじには恋愛面で「待ち人来ず」と書かれていた。「これはもう、空手一本に集中しろということですよね。だから集中します」

 しかし、仕事面では「努力すれば実る」という意味のことが書いてあり、「自分の努力次第でオリンピックの結果も変わるという意味だと思い、気持ちを引き締めました」。

パリで優勝、オリンピックまで駆け抜ける

パリ大会3連覇を目指す西村選手
パリ大会3連覇を目指す西村選手

 2020年になったことで「いよいよ来たという感じ」と集中力を高めている西村選手は、24日から始まる「プレミアリーグ2020パリ大会」で3連覇に挑む。

 「2018年も19年も年初めのパリ大会に優勝したことで、その年の良い流れを作ることができた。きっちり3連覇して、東京オリンピックまで駆け抜けたい」

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
1016219 0 東京オリンピック2020速報 2020/01/23 16:30:00 2020/01/23 16:23:38 2020/01/23 16:23:38 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200122-OYT1I50045-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「空手」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある