ニュース

[Tokyo2020]五輪公式服、64年とは上下逆の「伝統色」

   
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本オリンピック委員会(JOC)と日本パラリンピック委員会(JPC)は23日、東京五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式服のデザインを発表した。今回は五輪とパラリンピックの日本選手団が初めて同じデザインとなり、「共生社会の象徴」という意味が込められている。

披露された東京五輪・パラリンピックの「開会式服」。(左から)馬術・黒木茜選手、パラトライアスロン・土田和歌子選手、競泳・瀬戸大也選手、パラ陸上・前川楓選手、重量挙げ・三宅宏実選手、パラアーチェリー・上山友裕選手(23日午前、東京都千代田区で)=池谷美帆撮影
披露された東京五輪・パラリンピックの「開会式服」。(左から)馬術・黒木茜選手、パラトライアスロン・土田和歌子選手、競泳・瀬戸大也選手、パラ陸上・前川楓選手、重量挙げ・三宅宏実選手、パラアーチェリー・上山友裕選手(23日午前、東京都千代田区で)=池谷美帆撮影

 公式服は、入場行進で着用し、着こなしに制約がない「開会式服」と、結団式などで使用され、ブレザーとネクタイが必須の「式典服」の2種類がある。開会式の服は、民族衣装を取り入れるなど各国の特色が反映されてきた。

1964年東京五輪の開会式で入場行進する日本の選手たち
1964年東京五輪の開会式で入場行進する日本の選手たち

 日本はこれまで赤と白の「日の丸カラー」が多く、1964年の東京五輪の開会式では、燃えるように鮮やかな赤のブレザーに、白のパンツやプリーツスカートが採用された。今大会の「開会式服」は「開催国、日本選手団の爽やかな輝き」をテーマにデザインされ、ブレザーが白、パンツとキュロットが赤で、上下の色づかいは64年大会とは逆になった。真夏に着るため、通気性と肌触りに優れた素材を使用している。

 過去の五輪では、2000年シドニー五輪で虹色のマント、04年アテネ五輪で花柄といった奇抜なデザインが採用されたこともあったが、今回は伝統の「赤と白」が基調となった。

 式典服は、光沢のある紺のジャケットに、白のパンツとキュロット。赤が基調のネクタイとスカーフには、「七宝柄」など縁起がよいとされる日本の伝統柄があしらわれた。開会式服、式典服とも、紳士服大手のAOKI(本社・横浜市)が、選手の体格に合わせてオーダーメイドで作製する。

 競泳男子の瀬戸大也選手(25)(ANA)は、五輪とパラの服装統一について「チーム一丸となる感じがする。パラリンピックにいい流れを作れるように結果を出したい」と語った。

スクラップは会員限定です

使い方
1015440 0 東京オリンピック 2020/01/23 12:53:00 2020/01/23 15:20:08 2020/01/23 15:20:08 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200123-OYT1I50037-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「競泳」のニュース

オリンピック 新着ニュース