ニュース

銅メダルの弟「マラソン、どれだけ耐えきれるかが大事」[カウントダウン]

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

1964年東京五輪男子マラソン銅メダリスト円谷幸吉選手の兄・円谷喜久造さん(88)(福島)

 1964年の東京五輪男子マラソンに弟の円谷幸吉が出場しました。真面目で実直な幸吉が掲げていたのが「忍耐」という言葉です。「マラソンは自分との戦いで、苦しみや弱い心にどれだけ耐えきれるかが大事だ」とよく口にしていました。

 幸吉を応援するため、福島県須賀川市から国立競技場に駆けつけました。幸吉が競技場に入ってくると観客は総立ちで大歓声。自己ベストで銅メダルでした。日の丸の掲揚を誇らしい気持ちで見守りました。

 今大会は聖火リレーが楽しみです。

 前回大会で、須賀川では沿道をサルビアの花で飾ってランナーを応援しました。私は農作業が忙しくて見られませんでしたが、その時のサルビアの種を自宅の庭に植え、55年間絶やさずに花を育て続けています。今年、そのサルビアが再び聖火リレーの沿道に飾られることになりました。

 夏から秋にかけて長期間咲くサルビアは、我慢強かった幸吉のようです。今回のリレーは、しっかりと目に焼きつけたいと思います。

無断転載・複製を禁じます
1028646 0 東京オリンピック2020速報 2020/02/11 05:00:00 2020/02/11 06:07:20 2020/02/11 06:07:20 円谷幸吉さんの兄・喜久造さん(福島県)(20日午後2時5分、福島県須賀川市で)=井上大輔撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200128-OYT1I50051-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年10月5日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある