ニュース

「チョー気持ちいい」「こけちゃいました」…オリンピック名言集

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 オリンピックという最高峰の舞台で生まれる言葉がある。それには多くの人を感動させる力がある。

 1984年のロサンゼルス大会からテレビ中継が増えると、試合後のインタビューからも多くの名言が生まれ、それが流行語にもなった。主なものを振りかえってみた。(読売新聞オンライン 河合良昭)

「いままで生きてきた中で一番幸せ」競泳・岩崎恭子さん

優勝の瞬間、笑顔をみせる岩崎さん
優勝の瞬間、笑顔をみせる岩崎さん

 1992年のバルセロナ大会。当時14歳で、中学校2年の岩崎恭子さんが、競泳女子200メートル平泳ぎで金メダルを獲得した。大会前は注目を浴びていなかった少女が(すい)(せい)のように現れて金メダルを獲得し、日本中が沸き立った。

 岩崎さんは試合後のインタビューで心境を聞かれ、中学生の素直な心境を表した。

「こけちゃいました」マラソン・谷口浩美さん

ゴールの後、日本人選手と健闘をたたえあう谷口さん(右)
ゴールの後、日本人選手と健闘をたたえあう谷口さん(右)

 同じ1992年のバルセロナ大会。男子マラソンでメダルを期待されていた谷口浩美さんだったが、22.5キロ地点の給水所で後続の選手に左足のかかとを踏まれ転倒。脱げた靴を履きなおして約30秒後に再スタートし、最後まで力走したが結果は8位。メダルには届かなかった。

 試合直後のインタビュー。接触した選手を悪く言うこともなく、笑顔で答えるスポーツマンシップがたたえられた。このレースでは同じ旭化成に所属していた森下広一さんが銀メダルを獲得した。

 

1

2

3

4

無断転載・複製を禁じます
1029527 0 東京オリンピック2020速報 2020/01/31 12:16:00 2020/01/31 12:16:00 2020/01/31 12:16:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/01/20200130-OYT1I50099-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「競泳」のニュース

オリンピック 新着ニュース