ニュース

母国ドイツが事前キャンプ、選手や観光客に「つながり」伝えたい[カウントダウン]

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ベルリン出身の国際交流員 ダリオ・シュトライヒさん(28)(徳島)

 昨年夏、徳島県鳴門市の国際交流員になりました。鳴門市は東京五輪・パラリンピックで、母国ドイツの事前キャンプ地に決まっており、とても楽しみにしています。

 ドイツの大学で日本文化について学ぶ過程で、鳴門市にあった捕虜収容所について知りました。第1次世界大戦のドイツ兵が収容されていたところです。

 暗い歴史を想像しますが、捕虜たちはベートーベンの交響曲第9番をアジアで初めて演奏しました。スポーツを楽しみ、地域との触れ合いもあったそうです。こうした交流の歴史を伝えるのが私の仕事です。

 今後訪れるドイツの選手や観光客に、両国の「つながり」を伝えたいと考えています。五輪をきっかけに多くのドイツ人に日本に足を運んでもらい、交流を深めてほしい。そう願っています。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1028661 0 東京オリンピック2020速報 2020/02/17 05:00:00 2020/02/17 05:06:44 2020/02/17 05:06:44 国際交流員 ダリオさん(鳴門市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200203-OYT1I50045-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「カウントダウン」のニュース

オリンピック 新着ニュース