ニュース

相撲を世界に発信、8月に「五輪・パラ場所」

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

記念写真に納まる八角理事長(左から4人目)、白鵬(同2人目)ら(4日)=萩本朋子撮影
記念写真に納まる八角理事長(左から4人目)、白鵬(同2人目)ら(4日)=萩本朋子撮影

 日本相撲協会は4日、「大相撲東京2020オリンピック・パラリンピック場所」を8月12、13日に両国国技館で開催すると発表した。五輪閉幕後、パラリンピック開幕までの期間を利用し、日本文化の象徴でもある大相撲を世界に発信することが狙い。

 2020年大会の公式文化プログラム「東京2020NIPPONフェスティバル」の一環として実施。幕内力士がトーナメント戦を行い、2日間の優勝者が優勝決定戦に臨む。日本語と英語で場内放送し、車いす席を設け、外国人客や障害者も楽しめるイベントを目指す。

 記者会見では、力士会会長でもある横綱鶴竜が「全力士が全力で取り組み、皆様を『おもてなし』したい」と英語であいさつを行った。

関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
1036853 0 東京オリンピック 2020/02/04 21:00:00 2020/02/04 23:55:27 2020/02/04 23:55:27 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200204-OYT1I50055-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「国技館」のニュース

オリンピック 新着ニュース