ニュース

バド桃田「シャトルが二重に見える」…眼窩底骨折、全治3か月か

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれ、顔などを強打したバドミントン男子シングルス世界ランキング1位の桃田賢斗選手(25)について、所属先のNTT東日本は8日、右目の眼窩底がんかてい骨折と診断されて手術を受けたと発表した。桃田選手はそのまま入院。全治まで約3か月を要するとみられ、実戦復帰を目指していた3月中旬の全英オープン出場は取りやめることになった。

 関係者によると、桃田選手は今後1週間ほど安静状態を保ち、問題がなければ、軽めのジョギングなどで体を動かし始める見通し。

 桃田選手は1月13日に負傷し、静養を経て今月3日から日本代表合宿に参加。同社や日本バドミントン協会などによると、4日に事故以来、初めてラケットを使って練習したが、「シャトルが二重に見える」と訴え、5日に合宿から離脱した。7日に専門病院で検査を受けたところ、骨折が判明した。

 1月15日に帰国し、直後に受けた精密検査では、顔面3か所の裂傷と全身打撲以外の異常は見つかっていなかった。桃田選手は国際大会での積算ポイントで国内外の選手を寄せ付けず、7月24日開幕の東京五輪への出場は、昨年末の時点で確実となっている。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
1043962 0 東京オリンピック 2020/02/08 15:00:00 2020/02/08 21:25:42 2020/02/08 21:25:42

「バドミントン」のニュース

オリンピック 新着ニュース