ニュース

父が五輪のユニホームをデザイン、各国選手の服装に注目[カウントダウン]

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ファッションデザイナー 芦田多恵さん(55)(東京)

 前回の東京五輪が開催された1964年生まれです。新幹線も開業するなど、高度経済成長のシンボルのような年で、五輪には特別な思い入れがあります。今回の招致が決まった時は声を上げて喜びました。地元で2度も五輪を経験できるなんて、うれしいことです。

 96年のアトランタ五輪では、父でデザイナーの芦田淳が日本選手団のユニホームのデザインを手がけたこともあり、毎回、各国の服装には関心を持っています。国旗やナショナルカラーを取り入れたデザインや色遣いなど、ファッショナブルだなと感じる国もありますし、小さな国々の個性的な民族衣装にもひかれます。ファッション観は地域によって様々で、装いに「こうじゃなきゃ」がないのがいいですね。

 オリンピック、パラリンピックともに注目しています。多様性を認め合うことが大切な時代に、日本の魅力をアピールできる大会になればと思います。選手が輝く姿を通じて、皆が応援で一つとなり、盛り上がるのが楽しみです。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
1064286 0 東京オリンピック2020速報 2020/03/02 05:00:00 2020/03/02 08:01:15 2020/03/02 08:01:15 ファッションデザイナー 芦田多恵さん=谷本陽子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200213-OYT1I50040-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「カウントダウン」のニュース

オリンピック 新着ニュース