ニュース

ストリングの張りを調整、最高の舞台で最高のサポートを[カウントダウン]

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

バドミントンのラケットを調整するヨネックス販売促進部 島田大輝さん(27)

バドミントンの用具を調整 島田大輝さん(千葉)
バドミントンの用具を調整 島田大輝さん(千葉)

 ヨネックスの社員として、バドミントン選手が使うラケットの「ストリング」の張り替えなど、用具のサポートをしています。

 選手が打つシャトルは最高で時速400キロ・メートルを超えます。スピードが求められる競技なので、各選手はストリングの張り方にこだわりを持っており、「もう少し張りを緩めてほしい」などと細かい注文が寄せられます。

 ラケット1本のストリングを張り終えるまで約15分かかりますが、試合開始20分前になって「張り替えてほしい」と言われることもあり、細心の注意を払いながら調整しています。

 私自身も小学1年生の時にバドミントンを始め、社会人選手としてもプレーしました。当時、一緒に戦った同年代や後輩の選手たちが今、東京五輪を目指しています。

 大会に同行するたびに「五輪に出たい」という真剣さが、選手の表情から伝わってきます。五輪は4年に1度。最高の舞台が東京で開かれるのだから、当然だと思います。だからこそ、選手たちが最高の状態で戦えるよう、私も最高のサポートをしたいと思います。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1064310 0 東京オリンピック2020速報 2020/03/10 05:00:00 2020/03/10 05:06:32 2020/03/10 05:06:32 ヨネックス 島田大輝さん(27)※1992年7月31日生 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200213-OYT1I50048-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「カウントダウン」のニュース

オリンピック 新着ニュース