ニュース

パラ採火 法灯や窯で 8月17日 集火式 各地で趣向

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2020年東京パラリンピックの聖火について、全国で実施される採火の概要が6日発表された。山形県は全35市町村が、それぞれの特徴を生かした様々な方法で採火を予定する。新成人が行う自治体も多く、「機運を盛り上げたい」と意気込んでいる。

 東京パラリンピックの聖火の採火は8月13日から全国で始まり、県内では13~17日に行われる。

 山形市は宝珠山立石寺(山寺)の根本中堂と苅田嶺神社の蔵王大権現の2か所で採火を行う。立石寺では、比叡山延暦寺(滋賀県)から分けられ、途絶えたことがないと伝えられる「不滅の法灯」から採火する。市の担当者は「山寺と蔵王は市の2大観光地。そこの火が聖火になるのは市民も誇らしいし、PRにもなる」と期待する。

 他にも、寒河江市の本山慈恩寺といった寺社、県内で最も歴史があるという大江町の花火大会など、地域の行事で火を採る自治体も多い。

 地元の名産や産業を活用する自治体もある。尾花沢市では江戸後期に途絶え、1980年に復活した磁器「上の畑焼」の窯の火から採取。酒田市はイカ釣り漁船の集魚灯の光をレンズに通し、火種に付ける。

 8月は成人式を開催する自治体が多く、15市町村で新成人が採火する。東根市は約300人が参加予定の成人式で行う。市の担当者は「次代を担う若者が人生の節目の式典で、火をつないでいってほしい」と話す。

 県内各地で採取された火は8月17日、県総合運動公園陸上競技場(天童市)で行われる「集火式」でまとめられる。聖火を東京都に向けて送り出す「出立式」も実施する計画になっている。

 パラリンピックの競技会場がある静岡、千葉、埼玉、東京の4都県は8月18~21日に採火と聖火リレーが行われる。火は一つに統合され、22~25日に東京都内をリレーする。

写真=集火式と出立式が予定されている県総合運動公園陸上競技場(天童市で)

無断転載・複製を禁じます
1063802 0 東京オリンピック2020速報 2020/02/07 05:00:00 2020/02/07 05:00:00 2020/02/07 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200217-OYT8I50101-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「聖火(山形)」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スラローム
カヌー・スプリント
自転車・トラック
自転車・ロード
自転車・BMX
自転車・マウンテンバイク
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年8月4日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう