ニュース

聖火 2河川にも 岩木川・田名部川 古坂大魔王さんら走者

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2020年東京五輪の聖火リレーの詳細なルートが17日、発表された。青森県内は14市町村計36・9キロを巡るルートで、西目屋村ではカヌー、むつ市では2人乗りボートを使った特殊なリレーが行われる。青森市出身のお笑いタレントで、「ピコ太郎」をプロデュースする古坂大魔王さんら著名人もランナーを務める予定だ。

14市町村 6月11・12日

 大会組織委員会の発表などによると、聖火は6月11、12日に県内を巡る。

 1日目は、弘前市の弘前公園(本丸)を出発する。西目屋村の岩木川では、リオデジャネイロ五輪など3大会連続で出場したカヌー競技の矢沢一輝さんが、カヌーでリレーを行う。その後、立佞武多(たちねぷた)の館(五所川原市)などを通って青森市の青い海公園に到着する。

 2日目は、むつ市イベント広場をスタートし、田名部川では女子軽量級ダブルスカルでアトランタ五輪に出場した野口紀子さんらが2人乗りボートで聖火を運ぶ。十和田湖や蕪嶋神社を経由し、館鼻漁港(八戸市)でゴールする。

 県実行委員会は県内を走る主なランナーとして、ソフトボールの五輪メダリストで、北京五輪では優勝監督も務めた斎藤春香さん(弘前市出身)ら県にゆかりのある6人を発表した。

 県実行委などはすでにランナーの公募も行っており、25日以降、大会組織委がランナーに正式な決定通知を出す予定だ。

 県実行委会長の青山祐治副知事は報道陣に対し、「公表されたランナーは本県にゆかりがあり、県の代表にふさわしい。本県の魅力を最大限発信できるように準備したい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1063798 0 東京オリンピック2020速報 2019/12/18 05:00:00 2019/12/18 05:00:00 2019/12/18 05:00:00
続きを読む

「聖火(青森)」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年9月2日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう