ニュース

聖火リレー ランナー内定者「光栄」 小林陵選手、のんさんら

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岩手県の聖火事業等実行委員会は17日、県内を走る聖火ランナーの内定者52人も発表した。

 実行委は66人をランナー候補として大会組織委に推薦。このうち55人の内定が決まり、この日、公表の同意が得られた52人を発表した。最年少は野田村の松川歩叶(あゆと)君(11)、最高齢は奥州市の大崎ミオさん(89)。

 著名人も多く、スキー・ジャンプの小林陵侑選手(23)や女優・のんさん(26)、スノーボードの岩渕麗楽(れいら)選手(18)、パラリンピック出場を目指す大井利江選手(71)、漫画家そのだつくしさん(48)らがいる。小林さんは「スポーツを応援する皆さんの(おも)いを繋げるよう走りたい」、のんさんは「岩手とは本当に縁深く、私にとって大事なまち。走らせていただけるのを光栄に思います」とそれぞれコメントした。

 県外からは、東日本大震災の復興支援に取り組んだ格闘家の高田延彦さん(57)や、日本ラグビー協会の森重隆会長(68)、世界遺産「平泉の文化遺産」のロゴを揮毫(きごう)した書道家の武田双雲さん(44)らが選ばれた。

 震災被災者も選ばれた。住田町の大和田海雅(かいが)君(14)(住田町立世田米中2年)は大船渡市で被災し、自宅は半壊した。校庭に仮設住宅が立ち野球の練習ができなかった時、周囲の支援で近くのグラウンドを提供してもらい、「僕たちを支援してくれた皆さんに、元気で頑張っている姿を見せたい」と応募した。「選ばれるとは思っていなかったが、一生懸命走って次の人につなぎたい」と決意を語った。

 今後、五輪スポンサーが推薦するランナーも決まる予定で、ランナーの数は少なくとも264人に達する予定。

 17日発表された聖火ランナーは以下の通り(県の発表による。自治体名は住所、数字は17日現在の年齢。各日とも50音順。敬称略)。

 6月17日 浅水洸佳24・九戸村▽大井利江71・洋野町▽欠端陽翔14・二戸市▽上神田瑛太13・普代村▽木村美喜子64・軽米町▽熊谷萌19・甲府市▽小林陵侑23・札幌市▽小向悠理13・洋野町▽沢春奈17・久慈市▽そのだつくし48・雫石町▽高橋拓希16・滝沢市▽高橋凌空14・八幡平市▽武田智摘21・東京都世田谷区▽土谷奏太12・葛巻町▽戸田照美36・九戸村▽苫米地美智子39・滝沢市▽のん26▽早野みさき34・岩手町▽福士美紀25・岩手町▽松川歩叶11・野田村▽南舘咲希14・一戸町▽村上優空19・雫石町

 6月18日 大沢典佳13・田野畑村▽大和田海雅14・住田町▽奥村晄矢13・釜石市▽熊谷侑希34・大船渡市▽佐々木慎也18・大槌町▽佐藤裕子65・岩泉町▽清水祐真14・陸前高田市▽高田延彦57・東京都▽鳴尾直軌45・盛岡市▽長谷川光希12・山田町▽本多美紀14・宮古市▽MIKA(アンダーパス)・北上市▽森重隆68・福岡市

 6月19日 岩渕麗楽18・一関市▽大崎ミオ89・奥州市▽大堰徳17・西和賀町▽小笠原智幸40・盛岡市▽小野寺真澄46・一関市▽鎌田梨瑚14・花巻市▽菊池利三46▽工藤博45・西和賀町▽小網いつき22・矢巾町▽佐々木久美41・平泉町▽佐々木翔星13・遠野市▽佐藤友和36・紫波町▽武田双雲44・神奈川県藤沢市▽錦木徹也29・東京都文京区▽本間希樹48・奥州市▽松尾結14・紫波町▽八重樫東36

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
1063799 0 東京オリンピック 2019/12/18 05:00:00 2019/12/18 05:00:00 2019/12/18 05:00:00
続きを読む

「組織委」のニュース

オリンピック 新着ニュース