ニュース

聖火 名所巡る 海ほたる、佐原地区へ

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

成田山新勝寺の表参道
成田山新勝寺の表参道

 2020年東京五輪の聖火リレーの詳細なルートが17日、公表された。千葉県内は東京湾アクアラインの海ほたるや江戸情緒が残る香取市佐原地区など、地域の特色を生かしたルートとなった。県が選考したランナー75人のうち、大会組織委員会から既に内定が出た69人も合わせて発表された。

 県内の聖火リレーは「震災からの復興」をテーマに掲げる。7月2~4日、東日本大震災の被災地や競技開催地など21市町を巡る。

 1日目は海ほたるを出発し、県南部やサーフィン会場となる釣ヶ崎海岸(一宮町)を走る。銚子ポートタワー(銚子市)から始まる2日目は、津波被害を受けた旭市を通過した後、香取市佐原地区の小野川で船を使って聖火を運ぶ。3日目は我孫子市の手賀沼公園などを巡り、松戸中央公園で終了。最終走者の到着時にはセレモニーが行われる。

 走る距離は各日16キロ、17キロ、18キロの計51キロ。3日間で258人・組のランナーが200メートルずつ走る。このうち65人と1組の計75人を県が選考し、ほかはスポンサー企業などが選ぶ。

 発表されたランナーは単独走者59人と、10人で構成するグループランナー1組の計69人。いすみ市出身のスポーツジャーナリスト増田明美さんを始め、地域や様々な分野で活躍する人たちが選ばれた。走る時点の最年少は12歳(中学1年生)、最高齢は93歳。グループランナーは、津波被害で移転した旭市立飯岡中学校の在校生と卒業生が務める。

無断転載・複製を禁じます
1063767 0 東京オリンピック2020速報 2019/12/18 05:00:00 2019/12/18 05:00:00 2019/12/18 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200217-OYT8I50125-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「聖火(千葉)」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年9月2日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう