ニュース

車いすバスケで日本代表、前に進む努力が結果に[カウントダウン]

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

車いすバスケ元日本代表 多智利枝さん(72)(東京)

 東京都多摩障害者スポーツセンター(国立市)で、車いすバスケットボール教室の講師を務め、競技の魅力を伝えています。初めて挑戦した子どもたちが、とても楽しそうにプレーする姿を見るとうれしくなります。

 私は17歳の時に倒れ、手足の自由が少しずつ利かなくなりました。症状は一進一退を繰り返し、仕事もできませんでした。自分が生きた足跡が何もないと感じ、ふさぎ込みました。障害の原因は今もわかりません。

 車いすに乗り始めたのは30歳の頃です。人に支えてもらうだけでなく、自立したいと思い、32歳で現在の国立障害者リハビリテーションセンターに入りました。そこで出会ったのが車いすバスケでした。汗を流すだけで生きていることが実感でき、競技にのめり込みました。

 日本代表に選ばれ、1984年のイギリス・アイレスベリー大会で銅メダルを獲得。88年ソウル大会、92年バルセロナ大会にも出場することができました。

 私は、「明日は今日より一歩前進した自分になりたい」と競技に取り組んできました。少しずつでも前に進む努力を続ければ、結果はきっとついてきます。

無断転載禁止
1063036 0 東京オリンピック2020速報 2020/03/11 05:00:00 2020/03/11 05:18:19 2020/03/11 05:18:19 東京都車いすバスケットボール連盟会長の多智利枝さん(23日、東京都国立市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200218-OYT1I50049-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「カウントダウン」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スラローム
カヌー・スプリント
自転車・トラック
自転車・ロード
自転車・BMX
自転車・マウンテンバイク
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9
競技・種目
  • 2020年5月8日更新

サーフィンの7月26日~8月2日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう