ニュース

「たすき」テーマにデザイン、思いつながる聖火リレーに[カウントダウン]

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

聖火走者が着るユニホームのデザインを監修 尾花大輔さん(46)(東京)

 五輪の聖火リレーで走者が着るユニホームのデザインを監修しました。まさか声がかかると思っていなかったので、依頼を受けたときは大変驚きましたが、世界的なイベントに関われることは光栄なので引き受けました。

 デザインのテーマは「たすき」。着物をたくし上げるのに使ったり、駅伝でつないだり、日本人にとって身近なものだからです。斜めのラインには引き締まって見える効果があり、体形にかかわらず誰にでも着やすいという点にも配慮しました。

 リレーのスタート地点は福島県です。被災地で暮らす人や支援する人などの思いが、たすきを通じて全国を巡り、東京までつながればいいなと願っています。

 私の会社は国立競技場のすぐ近くにあるので、当初は交通渋滞などを心配していました。でも、デザイナーをさせてもらって、大会を成功させようという人々の熱意に触れてからは、開幕が楽しみになりました。

 ラグビー・ワールドカップのように国民が一丸となって盛り上がり、五輪を通じてマナーの良さなど、日本の魅力が海外の人に伝わるといいなと思います。

無断転載・複製を禁じます
1064319 0 東京オリンピック2020速報 2020/03/14 05:00:00 2020/03/14 05:41:02 2020/03/14 05:41:02 尾花大輔さん(26日午後2時49分、東京都渋谷区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200218-OYT1I50052-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「カウントダウン」のニュース

オリンピック 新着ニュース