ニュース

171人リレー 金沢城公園や千里浜…6月1、2日

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

千里浜なぎさドライブウェイ
千里浜なぎさドライブウェイ
輪島キリコ会館
輪島キリコ会館

 石川県内19市町で来年6月1、2日に行われる東京五輪の聖火リレーについて、詳細なルートやスケジュールが17日に発表された。金沢城公園(金沢市)や千里浜なぎさドライブウェイ(羽咋市、宝達志水町)、輪島キリコ会館(輪島市)などがコースに盛り込まれ、県内の歴史や文化、自然の魅力を発信する絶好の機会となりそうだ。金沢市と七尾市では、聖火の到着を祝う「セレブレーション」と呼ばれるイベントも実施する。

 大会組織委員会や県の発表によると、1日は出発式を行った後、午前7時45分頃に加賀市役所をスタート。小松市や能美市、白山を望む白山市、かほく市など10市町を巡る。最後の金沢市では金沢駅東広場前の鼓門を出発し、百万石通りを経由して午後7時45分頃、金沢城公園三の丸広場でゴールを迎える。

 2日は、輪島市の輪島キリコ会館を午前8時15分頃に出発し、珠洲市や羽咋市・宝達志水町の千里浜なぎさドライブウェイ、中能登町など9市町でリレーを実施。最後の七尾市では能登島大橋を出発し、午後6時45分頃、和倉温泉湯っ足りパークに到着する。

 各日のゴール地点となる金沢市と七尾市では、聖火の到着に合わせてセレブレーションが行われる。会場では伝統芸能などが披露される予定で、子供たちの参加も促す考えだ。金沢市では、レスリングやバドミントンなどのスポーツに取り組む12~16歳の男女9人が、聖火ランナーと伴走する「グループランナー」として参加。県ゆかりの五輪選手と交流する演出などを検討しているという。

 聖火ランナーは県公募枠の42人のほか、スポンサー枠の127人と、県が選ぶPRランナー2人の計171人で、それぞれ約200メートルを走る。石川県は47都道府県のうち、32番目の通過となり、福井県から受け取った聖火を富山県に引き継ぐ。

 聖火リレーのルートについて、谷本知事は「石川の歴史や伝統、自然を全国にアピールできるコースに決まった」と説明。「五輪に参加できる貴重な機会になるので、県民にも沿道で声援を送ってもらいたい。県全体で盛り上げていきたい」と語った。

無断転載・複製を禁じます
1063829 0 東京オリンピック2020速報 2019/12/18 05:00:00 2019/12/18 05:00:00 2019/12/18 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200218-OYT8I50050-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「聖火」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2021年1月28日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある