ニュース

聖火リレーに180人 武豊さん、SHIHOさんら

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2020年の東京五輪・パラリンピックを前に行われる聖火リレーの詳細を大会組織委員会が発表した17日、滋賀県内でも市町のルートや聖火ランナーの顔ぶれが明らかになった。20年5月28、29両日に約180人が全19市町を駆ける。公募や推薦の県民のほか、県ゆかりの著名人も加わり、自転車で聖火を運ぶ趣向もある。誰がどこを走るかは本番直前に発表される。

ルート

 京都府から引き継がれた聖火は28日、9市町をリレー。スタートの高島市ではメタセコイア並木を通り、守山市では琵琶湖大橋の一部(約1キロ)で自転車を使って聖火をつなぎ、「サイクリストの聖地」として県をアピールする。初日のゴールとなる大津市の大津港業務用地では、聖火の到着を祝う式典「セレブレーション」を行う。

 29日は残る10市町で実施。甲賀市の水口スポーツの森を出発し、豊郷小旧校舎群(豊郷町)や多賀大社(多賀町)、彦根城(彦根市)などを経て、長浜市の豊公園で式典を行い、福井県へ聖火を引き継ぐ。各市町の詳しいルートは大会組織委のホームページで公開している。

ランナー

 県実行委が公募と推薦で選んだ聖火ランナーは男性22人、女性31人の計53人。11~79歳(17日現在)で、障害を抱える人も11人いる。このほかスポンサー企業が選ぶランナーも参加する。

 リレーを盛り上げる「PRランナー」として、初日はミュージシャンの西川貴教さんと騎手の武豊さん、元ボクシング世界王者の山中慎介さんが登場。2日目はモーグルの伊藤みきさん、ロンドン五輪バドミントン女子ダブルス銀メダルの垣岩令佳さん、パラトライアスロンの宇田秀生さん、モデルのSHIHOさんが走る。SHIHOさんは「県内の皆さんと心を一つに、地元の素晴らしさやオリンピックへの熱い思いを胸に聖火をつなげます」とコメントしている。

 県実行委は18日から、聖火リレーで観衆の誘導や整理に当たるボランティアを募集する。02年4月1日以前に生まれた人が対象で、先着2453人。来年2月末までにウェブサイト「ゲームコンダクターSHIGA」から申し込むか、事務局の県スポーツ課(077・528・3366)へ、応募用紙を持参か郵送する。

甲良養護学校生・古池さん 「心一つに頑張る」

 聖火ランナーの1人に内定した彦根市在住の県立甲良養護学校中学部3年、古池玲乃愛さん(15)は、脳性まひで重度の身体障害がある。母親でフラワーデザイナーの敦子さん(50)と「彦根城が見えるコースを走れたらいいね」と喜び合った。

 玲乃愛さんは、パソコンを使った視線入力や指筆談で意思を伝えている。バギーや歩行器を使ってマラソンイベントなどに積極的に参加しており、聖火リレーでも兄で介護福祉士の藍羅さん(20)が伴走する予定だ。

 本番では、これまで支えてくれた人たちや、障害のある人たちの思いを胸に、「みんなで心を一つにして頑張る」と意気込んだ。

無断転載・複製を禁じます
1063700 0 東京オリンピック2020速報 2019/12/18 05:00:00 2019/12/18 05:00:00 2019/12/18 05:00:00
続きを読む

「聖火(滋賀)」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スラローム
カヌー・スプリント
自転車・トラック
自転車・ロード
自転車・BMX
自転車・マウンテンバイク
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年8月4日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう