ニュース

古都の歴史 聖火と巡る 元五輪選手や観光大使内定

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会が17日に発表した聖火リレーのルートなどで、奈良県内を経由する19市町村の詳細なルートと一部ランナーが明らかになった。4月12日に五條市を出発し、翌13日夕に奈良市の東大寺大仏殿でゴールする総延長約44キロのルート。自然や文化、歴史など古都の魅力を感じてもらおうと多くの観光名所が盛り込まれた。

 1日目は五條市の市上野公園総合体育館(シダーアリーナ)を出発し、橿原市の県立橿原公苑陸上競技場でゴール。2日目は河合町と広陵町にまたがる県営馬見丘陵公園からスタートし、東大寺大仏殿で終わる。各日のゴール地点では、式典が行われる。

 県内には国内最多の3件の世界遺産がある。さらに飛鳥・藤原京から平城京へと遷都した歴史にも触れてもらおうと、石舞台古墳(明日香村)や藤原宮跡(橿原市)、平城宮跡歴史公園(奈良市)のほか、法隆寺(斑鳩町)、金峯山寺(吉野町)、興福寺(奈良市)などを通過する。各市町村間の移動は、組織委員会のスタッフが聖火をランタンに移し、車で次の出発地点の市町村に運ぶ。

 県内の聖火ランナーは、県実行委員会の公募枠に2192人が応募。そのうち、県ゆかりの11~79歳の39人が内定した。元五輪選手や元プロ野球選手などのアスリートのほか、観光大使や伝統芸能の継承に取り組む多彩な人たちが選ばれた。

 来年1月下旬に決定するスポンサー枠などと合わせて、193組(グループを含む)が1人あたり約200メートルを走り、2日にわたり聖火をつなぐ。

 内定者の一人である下市町の東美代子さん(73)は、1964年の東京五輪に競泳100メートル自由形などで出場した。「東京五輪に再び何らかの形で携わりたくて応募した。選ばれて光栄で、日本代表の選手たちにエールを送りながら走りたい」と声を弾ませた。

 香芝市出身の落語家笑福亭鉄瓶さん(41)は「平和の祭典である五輪の聖火をつなぐとともに、先輩方から受け継いだ上方落語のバトンを次世代につなぎたいと思って応募した。力強い走りで選手を応援したい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1063679 0 東京オリンピック2020速報 2019/12/18 05:00:00 2019/12/18 05:00:00 2019/12/18 05:00:00
続きを読む

「聖火(奈良)」のニュース

オリンピック 新着ニュース

ピックアップ

アクセスランキング

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年10月5日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう