ニュース

兄弟で五輪へ「夢じゃないか」…テコンドー代表が会見

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 テコンドーの東京オリンピック日本代表選手最終選考会が2月9日、岐阜県で開かれ、各階級で優勝した男女4人が代表に内定した。女子57キロ級は、ロンドン、リオに続き3大会連続出場となる浜田真由選手(26)(ミキハウス)、49キロ級は初代表の山田美諭選手(26)(城北信用金庫)が制した。男子は58キロ級で鈴木セルヒオ選手(25)(東京書籍)、68キロ級で鈴木リカルド選手(19)(大東文化大)の兄弟がそれぞれ優勝した。4人は試合後の合同記者会見でオリンピックへの意気込みを語った。

激しい攻防が見られたテコンドー日本代表最終選考会(2月9日)
激しい攻防が見られたテコンドー日本代表最終選考会(2月9日)

<日本代表に内定した4選手>

【男子58キロ級】鈴木 セルヒオ

 すずき・せるひお 神奈川県出身。大東大出。東京書籍。1メートル77、58キロ。25歳。

【男子68キロ級】鈴木 リカルド

 すずき・りかるど ボリビア出身。サンアグスティン高出。大東大。1メートル86、68キロ。19歳。

【女子49キロ級】山田 美諭

 やまだ・みゆ 愛知県出身。大東大出。城北信用金庫。1メートル68、49キロ。26歳。

【女子57キロ級】浜田 真由

 はまだ・まゆ 佐賀県出身。佐賀・高志館高出。ミキハウス。1メートル74、57キロ。26歳。

<記者会見>

 ――代表に内定した気持ちと目標は?

 山田 美諭 素直にとてもうれしい。スタートラインに立ったばかりなので、もっとレベルアップして、世界の強い選手たちに勝てるようにがんばっていこうと思う。出るだけで終わりたくないので、必ず金メダルを取ることが目標だ。

 浜田 真由 率直に言うと、(きょうの試合は)ふがいないなぁという感じがする。(オリンピックで)1位を目指してメダル争いをするのか、3位を目指してぎりぎりのところになるのかは、これからの自分次第だと思っている。必死になって金メダルを目指してがんばっていきたい。

 鈴木 セルヒオ 夢なんじゃないかと思うくらい、すごくうれしい。東京オリンピックの目標は金メダルだ。やるからには、一番をいつも目指している。ただ、まだ実力不足のところがあると思うので、これから血へどを吐くぐらい努力して、レベルアップする。

 鈴木 リカルド 兄弟で代表を勝ち取ったのは本当にうれしい。目標は、もちろん金メダルを取ることだ。

悲願のオリンピック代表に内定した山田美諭選手(左)
悲願のオリンピック代表に内定した山田美諭選手(左)
オリンピック3大会連続出場となる浜田真由選手(右)
オリンピック3大会連続出場となる浜田真由選手(右)

 ――最終選考会に向けてそれぞれ磨いてきたことは?

 山田 この試合に向けてやってきた、というわけではなくて、東京オリンピックに向けて、という気持ちのほうが強かった。(攻撃の)バリエーションやスピード、パワーをもっとレベルアップする。東京オリンピックまでには回転技もしっかり出せるようにする。

 浜田 (ケガで右足を)手術をして、最近やっと動けるようになった感じがしていた。自分が蹴った足が持って行かれそうで怖いという気持ちがあったが、それがなくなったので、怖さがなくなったことが一番良かったかなと思う。

 鈴木 セルヒオ (ケガで)手術をして、きょうは約1年ぶりの試合だった。すごく緊張もして、ちょっと硬かったところはあるが、しっかり準備してきたものが出せたのではないかと思う。

 鈴木 リカルド ぼく(の攻撃)はだいたい前足だが、このままだと世界に及ばないと思っている。オリンピックまでにもっとレベルを上げて、もっと強くなりたい。

 ――山田選手にお聞きします。4年前はこのタイミングで大きなケガをしました。ケガをポジティブに捉えた部分はありますか?

 山田 4年前に大きなケガをしたからこそ、今の自分があると思っている。何よりも気持ちの面やテコンドーに対する気持ちが変わった。もっともっと強くなりたいという思いも、負けたくないという思いも、本当に強くなったので、今はすごく感謝している。

 ――浜田選手にお聞きします。オリンピック3大会連続出場とケガについて、どう思いますか?

 浜田 今回はロンドンとリオの時よりも、「オリンピック(出場)だ」という感じが薄い。それよりも、自分の技を一つずつ(身に)付けていく途中にオリンピックがあるという感じだ。「いつの間にかオリンピックだ」という、そういう雰囲気を感じている。 ――鈴木兄弟にお聞きします。それぞれ相手に声をかけるとしたら?

 鈴木 セルヒオ 弟はぼくより才能がすごくあって、とにかく身体能力がものすごい。ただ、ぼくも弟に負けないという気持ちもある。弟は背中を押さないとやらないで、オレに付いてこいという感じだ。

 鈴木 リカルド 2年前にボリビアから来てから(兄は)毎日、一緒に練習してくれた。兄のおかげで強くなったと言っても過言でないので感謝しかない。

冷静な試合運びで逆転勝ちを重ねた鈴木セルヒオ選手(右)
冷静な試合運びで逆転勝ちを重ねた鈴木セルヒオ選手(右)
持ち味のフィジカルの強さを発揮した鈴木リカルド選手(右)
持ち味のフィジカルの強さを発揮した鈴木リカルド選手(右)

 ――鈴木セルヒオ選手にお聞きします。優勝を決めた後、リカルド選手に語ったことは?

 鈴木 セルヒオ 自分自身、何を言ったのかあまり記憶がないが、最後に「待っているぞ」と言ったのだけは覚えている。

 ――それを聞いてリカルド選手はどう思いましたか?

 鈴木 リカルド ぼくからは何も言わなかったが、それ(激励の言葉)を刺激にしてそのままマットに向かった。

 ――浜田選手にお聞きします。東京オリンピックでメダルを取るには、何が必要だと思いますか?

 浜田 やっぱり技を身につけることだ。こうしたらこうなる、といった技を、パターンをいくつも覚えていって、自由に体で動かせるようにしていきたい。

 ――鈴木セルヒオ選手にお聞きします。肩の具合が悪くてブランクがあったと思いますが、不安はありましたか?

 鈴木 セルヒオ 不安はすごくあった。ぼくの階級(男子58キロ級)は若手がすごく育っていて、自分なんかよりも才能のある子がたくさんいる。どうなってしまうのだろうという感じがすごくあって、リハビリ期間中は不安や焦りはあった。

 ――落ち着いて試合に臨めましたか?

 鈴木 セルヒオ きょうは不安や迷いは一切なかった。(相手に先行されたが)自分のパフォーマンスというか、動きをすれば追いつける、勝てると思っていた。変に欲を出さないように、自分の動きをすることだけを意識した。

試合を見つめる全日本テコンドー協会の木村興治新会長(右から2人目)ら役員
試合を見つめる全日本テコンドー協会の木村興治新会長(右から2人目)ら役員

 ――昨年9月以降、協会内部のごたごたがあった。その期間をどういう気持ちで過ごしましたか?

 鈴木 セルヒオ すごく悲しかったというか、残念だったというか……。テコンドーの価値が下がってしまうのではないかという不安もすごくあった。変えるなら今しかないというのは十分理解していたが、悲しい気持ちはあった。ただ、選手としてやるべきことは勝つことだと思っているので、そこはぶれずにやっていた。テコンドー界を盛り上げられるように、恩を返せるように、結果を出してテコンドー界に貢献したい。

 浜田 私は組織のこととか、分からないことがたくさんあったので、あまり考えないようにして、とりあえず練習を一生懸命がんばっていた。

 山田 私も自分は強くなることだけを考えていたので、やるべきことをしっかりやろうと思ってやっていた。ごたごたがあって注目されているのもあるので、だからこそ、オリンピックで結果を出して、好きなテコンドーが皆さんに好きになってもらえたらなっていう思いがすごくある。

 ――鈴木兄弟にお聞きします。お互いに相手の技術面をどう思いますか?

 鈴木 セルヒオ 技術的なところで言えば、正直、自分のほうがまだ上だと思っている。ただ、やっぱり体の強さとかバネとかは本当にかなわないというか、すごいものを持っている。

 鈴木 リカルド 兄の間合いの取り方は本当にうまくて、蹴るタイミングは本当にうまいと思っている。

 ――今後、オリンピックに向けて重点的に練習することは?

 山田 私は基本的に左(足)しか蹴らない選手と思われているところがあるので、「この選手はこんな蹴りもできるんだ」と、相手にビックリされるくらいバリエーションを増やしたい。まずは回転技をしっかり練習します。

 鈴木 セルヒオ いろいろなグランプリや大会に出させていただいて、世界のトップレベルとの壁を少し感じていた。そこを埋めるには、フィジカル面も技術面もまだ足りない。しっかり練習するのはもちろん、作戦をみっちり練ろうと思う。

 鈴木 リカルド できれば海外遠征に行って強い選手と練習したい。ぼくは右足を前にして戦うが、どうやってそこを強化できるのかを吸収して強くなりたい。

無断転載・複製を禁じます
1073309 0 東京オリンピック2020速報 2020/02/10 05:00:00 2020/02/27 14:11:11 2020/02/27 14:11:11 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200226-OYT8I50035-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「テコンドー」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年9月2日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう