ニュース

【独自】聖火到着・出発式、無観客も…五輪組織委が感染状況見極め判断へ

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は、3月に始まる聖火到着式や出発式などの関連行事について、無観客も視野に入れて規模縮小を検討する。国内の感染状況を見極めたうえで最終判断する方針だ。

 組織委は来週にも、聖火リレーに関する基本方針をとりまとめ、聖火ランナーが走る都道府県に関連行事への対応を判断してもらえるようにする。

 聖火は来月20日、ギリシャから宮城県の航空自衛隊松島基地に空路で到着する。到着式には、組織委の森喜朗会長などが出席を予定。来月26日には、福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」で行われる出発式典に安倍首相が参加する見通しだ。組織委はこれらの行事の出席者を最小限に絞るほか、一般客を入れずに行うことを想定している。

 政府は26日、多数の観客が集まるスポーツ・文化行事について今後2週間、中止や延期、規模縮小を要請した。聖火関連行事は自粛期間後となるが、組織委は感染拡大の予防を優先する構えだ。ただ、聖火リレーが五輪開始前の最大のイベントであることを踏まえ、中止はしない方針だ。組織委の武藤敏郎事務総長はこの日、記者団に「(関連行事の)縮小を含め、どうすれば感染拡大を防げるか考えていきたい」と述べた。

 聖火リレーは3月26日に福島県を出発後、全国47都道府県を回り、7月24日の開会式で東京都の国立競技場の聖火台に点火される。

【随時更新】新型コロナ、今なにをすべきか~正しい情報で正しい行動を

無断転載禁止
1074419 0 東京オリンピック2020速報 2020/02/27 05:00:00 2020/03/07 18:56:53 2020/03/07 18:56:53
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スラローム
カヌー・スプリント
自転車・トラック
自転車・ロード
自転車・BMX
自転車・マウンテンバイク
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9
競技・種目
  • 2020年2月26日更新

サーフィンの7月26日~8月2日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう