ニュース

柔道男女12階級、五輪代表選手を内定…男子66キロ級は4月に

   
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

記者会見の最後に記念撮影でポーズをとる柔道日本代表に内定した選手たち(前列左から芳田司、阿部詩、渡名喜風南、高藤直寿、大野将平、永瀬貴規、後列左から浜田尚里、新井千鶴、田代未来、向翔一郎、ウルフ・アロン、原沢久喜)(27日)=西孝高撮影
記者会見の最後に記念撮影でポーズをとる柔道日本代表に内定した選手たち(前列左から芳田司、阿部詩、渡名喜風南、高藤直寿、大野将平、永瀬貴規、後列左から浜田尚里、新井千鶴、田代未来、向翔一郎、ウルフ・アロン、原沢久喜)(27日)=西孝高撮影

 全日本柔道連盟は27日、東京都内で強化委員会を開き、男女12階級の東京五輪代表選手を内定した。男子73キロ級は、2016年リオデジャネイロ五輪金メダリストの大野将平(28)(旭化成)が、五輪連覇をかけて代表入り。女子52キロ級で世界選手権2連覇の阿部うた(19)(日体大)は、初の五輪切符を手にした。

 昨年11月に代表が決まった女子78キロ超級を含め、これで男女14階級中13階級の代表が決定。今回決まらなかった男子66キロ級は最終選考会となる4月の全日本選抜体重別選手権で代表が決まり、柔道発祥国で開かれる地元開催の五輪に臨む顔ぶれが出そろう。

残り:36文字/全文:315文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
1076251 0 東京オリンピック2020速報 2020/02/27 22:06:00 2020/02/28 15:18:23 2020/02/28 15:18:23 記者会見の最後に記念撮影に応じる柔道日本代表選手たち(前列左から田代未来、阿部詩、渡名喜風南、高藤直寿、大野将平、永瀬貴規、後列左から浜田尚里、新井千鶴、芳田司、向翔一郎、ウルフアロン、原沢久喜)(27日午後4時52分、東京都文京区で)=西孝高撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/02/20200227-OYT1I50056-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「柔道」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年9月2日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう