ニュース

観客少なく選手の表情はっきり…厳戒下の東京マラソン

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大で各地が厳戒態勢となる中、3月1日に東京マラソン(読売新聞社など共催)が開催された。例年、100万人規模の観客が集まる大イベントだが、今年は一般ランナー約3万8000人の出場が取りやめとなり、主催者が沿道での観戦自粛を呼びかけるなど大幅に規模が縮小された。このため主催者発表の観客数は7万2000人と、例年の10分の1以下だった。(読売新聞オンライン)

例年の10分の1の観客数だった東京マラソン。浅草・雷門近くでも大きな人垣ができることはなかった
例年の10分の1の観客数だった東京マラソン。浅草・雷門近くでも大きな人垣ができることはなかった

雷門前、いつになく人垣重ならず

 人気観戦ポイントの一つである浅草・浅草寺の雷門周辺(15キロ地点)では、レースがスタートした午前9時過ぎから見物人が集まり始めた。先頭集団が通過する10時少し前、雷門前には人だかりが出来たが、そこから吾妻橋西詰に向かう雷門通りでは沿道の人垣はほとんど重なることなく、前の人の背中越しでも選手の表情がはっきりと見えた。

 法被姿の地元の商店街のおかみさんは、「例年なら沿道に四重五重の人垣ができ、後ろからでは選手が見えないが、今年は一般のランナーが出ないので応援する人がすごく少ない」と話した。

 大会主催者は沿道での応援について、「手洗い、マスク、せきエチケットなどの予防策を講じたうえで、人が密集する場所での観戦を控えてほしい」と事前に呼びかけた。沿道も8~9割の人はマスクを着用していた。

 沿道などに7万人余りが訪れたことを、日本陸連の尾県貢・専務理事は「決して少ない観客数ではない。もう少し観戦自粛を徹底できればよかった」と、レース後に反省していた。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
1082049 0 東京オリンピック2020速報 2020/03/02 12:06:00 2020/03/02 23:39:09 2020/03/02 23:39:09 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200302-OYT1I50020-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スラローム
カヌー・スプリント
自転車・トラック
自転車・ロード
自転車・BMX
自転車・マウンテンバイク
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年8月4日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう