ニュース

聖火リレー、観覧自粛呼びかけも…大会組織委

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は4日、今月26日から国内で始まる五輪の聖火リレーなどでの対策の基本方針を発表した。これに基づき、都道府県ごとに実施1週間前までに対応を決めるが、状況次第では沿道での観覧自粛を呼びかける可能性もあるという。

 組織委は4日、国際オリンピック委員会(IOC)理事会に、テスト大会の縮小も含む対策について報告。リレーの方針には「沿道の観客の皆様へのご協力をお願いする場合がある」と記載。組織委の武藤敏郎事務総長は「自治体において状況に応じ対応してほしい」と述べ、観覧自粛も含めた対応を求める考えを示した。

 このほか、聖火ランナーやスタッフの検温を行い、体調不良の場合は参加しないことや、関連行事の会場にアルコール消毒液を備えることなども盛り込まれた。走れないランナーが出た場合、前後どちらかの走者が2区間を走るなどする。組織委の森喜朗会長は「(リレー中止は)全く考えていない。色々な意見に耳を傾けながら、出来るだけ柔軟に対応したい」と話した。

 一方、12日にギリシャで予定されている聖火の採火式や同国内のリレーなどについて、ギリシャ五輪委員会は式典などの規模は縮小するものの、予定通り実施する方針。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
1087547 0 東京オリンピック2020速報 2020/03/04 21:30:00 2020/03/07 15:09:20 2020/03/07 15:09:20

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年9月2日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう