ニュース

聖火ランナーに闘志の103歳「一途に前を見て走り抜く」

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

トーチに見立てた棒を手に200メートルを走る冨久さん(三次市で)=三浦邦彦撮影
トーチに見立てた棒を手に200メートルを走る冨久さん(三次市で)=三浦邦彦撮影

 東京五輪の聖火ランナーに選ばれた広島県三次市の冨久正二さん(103)が6日、同市のみよし運動公園陸上競技場で練習を再開した。天候や体調を考慮し、例年冬の間は練習を控えており、ランナー決定後にグラウンドを走るのは初めて。体の動きを確かめ、「一途いちずに前を見て、胸を張って走り抜きたい」と意欲をみせた。(渡辺彩香)

 97歳で陸上を始め、2017年7月の中国マスターズ陸上の60メートル走(男子100~104歳の部)では16秒98の日本記録を樹立した。

 練習は冬を除いて週1回、冨久さんを応援するクラブの仲間約20人と一緒に同陸上競技場で行っている。昨年12月からは、自転車のペダルこぎや足踏みなどの健康器具を使って、自宅でのトレーニングを続けてきた。

 この日の練習に合わせ、聖火リレーで用いるトーチと同じ重さ1・2キロ、長さ71センチの棒をクラブの仲間が手作りで用意。右手に棒を持った冨久さんは、本番で走るのと同じ200メートルに挑んだ。

103歳になった冨久さんをケーキで祝福する仲間たち(三次市で)=三浦邦彦撮影
103歳になった冨久さんをケーキで祝福する仲間たち(三次市で)=三浦邦彦撮影

 冨久さんは途中で何度か立ち止まったものの、仲間から「頑張れ」「顔上げて」との声援を受けながら力強い足取りで完走。普段走る距離は100メートルまでで、初めてという200メートルの距離を「長いねえ」と驚き、「トーチがずっしり重いから、手が下がると体が傾くのを修正しないと」と冷静に分析していた。

 クラブの紙川一真さん(81)は「闘志がすばらしい。本番も応援に行く」と話し、コーチの貞末啓視さん(69)は「まずはトーチの重さと走る距離に慣れ、スタミナを付けて姿勢良く走れるよう練習を積みたい」と見守った。

 練習前には、今年1月に103歳を迎えた冨久さんを祝って仲間が用意したケーキを囲む場面もあった。

 冨久さんは5月18日、県内のコースで聖火ランナーを務める。「これからの人生の大きな仕事だと改めて思った。とにかく速度は気にせず、同じ歩幅で、こけないように頑張ります」と笑顔で話していた。

無断転載禁止
1092380 0 東京オリンピック2020速報 2020/03/07 14:10:00 2020/03/09 10:08:55 2020/03/09 10:08:55 聖火リレーのトーチの模型を手に200メートルを走る冨久正二さん(6日午前10時55分、広島県三次市の「みよし運動公園陸上競技場」で)=三浦邦彦撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200307-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「陸上」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スラローム
カヌー・スプリント
自転車・トラック
自転車・ロード
自転車・BMX
自転車・マウンテンバイク
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9
競技・種目
  • 2020年5月8日更新

サーフィンの7月26日~8月2日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう