ニュース

びわ湖毎日で日本人トップ、作田直也は一般参加…2時間8分台で快走

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

優勝したチェベト(8日)=前田尚紀撮影
優勝したチェベト(8日)=前田尚紀撮影

 東京オリンピック男子マラソンの日本代表3枠のうち、最後の1枠がかかる「びわ湖毎日マラソン」が8日行われ、一般参加の作田直也(JR東日本)が日本勢トップの4位、2時間8分59秒(速報値)でゴールしたが、大迫傑(ナイキ)が1日の東京マラソンで出した日本記録2時間5分29秒を上回れなかった。選考もこれが最終戦となり、大迫が内定した。優勝はエバンス・チェベト(ケニア)で、記録は2時間7分29秒。

 レースは川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)が12キロ付近で、昨年9月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で4位の大塚祥平(九電工)も23キロ付近でそれぞれ先頭集団から遅れた。同7位の鈴木健吾(富士通)は先頭の外国人勢3人にくらいついていたが、30キロ過ぎに失速した。その中で安定した走りを見せたのが作田。35キロ地点を日本人トップの4位で通過し、そのままゴールまで力走を続けた。

 3枠のうちMGCで1、2位に入った中村匠吾(富士通)、服部勇馬(トヨタ自動車)が内定済み。最後の1枠は、MGCファイナルチャレンジ指定大会の福岡国際、東京、びわ湖毎日で設定記録2時間5分49秒を突破した、最速タイムの選手を選出することになっており、大迫がこれに該当する。

無断転載禁止
1094472 0 東京オリンピック2020速報 2020/03/08 12:21:00 2020/03/08 16:44:49 2020/03/08 16:44:49 びわ湖毎日マラソン 優勝のゴールテープを切るチェベト(8日、皇子山陸上競技場で)=前田尚紀撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200308-OYT1I50039-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「マラソン」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スラローム
カヌー・スプリント
自転車・トラック
自転車・ロード
自転車・BMX
自転車・マウンテンバイク
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9
競技・種目
  • 2020年5月8日更新

サーフィンの7月26日~8月2日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう