ニュース

ボクシング五輪代表内定の3人が帰国…「金メダル取れるよう頑張りたい」

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

東京五輪代表に内定し、記者会見で拳を突き出す(左から)岡沢セオン、並木月海、入江聖奈
東京五輪代表に内定し、記者会見で拳を突き出す(左から)岡沢セオン、並木月海、入江聖奈

 ボクシングの東京五輪代表に内定した男子ウエルター級の岡沢セオン(鹿児島県体協)、女子フライ級の並木月海つきみ(自衛隊)、女子フェザー級の入江聖奈せな(日体大)ら日本選手団が13日、アジア・オセアニア予選が行われたヨルダンのアンマンから帰国した。成田空港で記者会見した3人は五輪本番に向け決意を語った。

 岡沢は準々決勝で一度は敗れながら、準々決勝敗退選手4人で争う5位決定トーナメントを勝ち抜き、最後の出場枠をもぎ取った。「優勝するつもりだったが、一度負けたところからもう一度頑張れたので精神的に強くなれた」と振り返った。

 入江とともに日本女子で初めて五輪切符を獲得した並木は「うれしいし、ほっとしている。準優勝だったので、東京五輪では金メダルを取れるように頑張っていきたい」と話した。

 入江は台湾選手に敗れた決勝を反省点に挙げ、「接近戦から崩された。接近戦を得意と言えるくらい練習したい」と、さらなる向上を誓った。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、五輪本番の予定通りの開催が懸念されているが、岡沢は「いつ延期になろうと、予定通り開催されようと結果を出す準備をするだけ」と力強かった。

 日本ボクシング連盟によれば、今回の予選の結果を受けて、開催国枠を使用できるのは男子3階級となった。今予選で出場枠を獲得できなかった選手から、同連盟は28日までに開催国枠の選手を選び、残りは5月の世界最終予選(パリ)に臨む。

無断転載・複製を禁じます
1107168 0 東京オリンピック2020速報 2020/03/13 21:44:00 2020/03/13 23:14:42 2020/03/13 23:14:42 東京五輪代表が内定し、記者会見で拳を突き出す(左から)岡沢セオン、並木月海、入江聖奈 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200313-OYT1I50064-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スラローム
カヌー・スプリント
自転車・トラック
自転車・ロード
自転車・BMX
自転車・マウンテンバイク
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年8月4日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう