ニュース

文科相「参加国減れば、完全な五輪ではない」「無観客ではやらない」

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 萩生田文部科学相は17日午前の閣議後記者会見で2020年東京五輪・パラリンピックについて、「(新型コロナウイルスの)感染拡大を乗り越えて安全安心な大会となるよう予断なく準備を進める。無観客ではやらない、選手の皆さんに参加していただく大会を目指すということだ」と語った。

 これに先立ち、安倍首相は17日未明に首相官邸で記者団に「人類が新型コロナウイルスに打ち勝つ証しとして、完全な形で実現することについてG7(先進7か国)の支持を得た」と語った。無観客や規模縮小などの措置を取らずに開催したいとの意向を示したものだ。ただ、首相は記者団からG7首脳のテレビ会議で開催時期について協議したか問われたが、明確にはしなかった。

 一方、萩生田氏は「仮に日本国内が収束したとしても、参加国が減ってしまうことになれば完全とは言えない」とも語った。

 これに関連し、菅官房長官は17日の記者会見で、テレビ会議では五輪延期を求める意見はなかったとした上で、「日本政府としては、予定通りの大会開催に向けて国際オリンピック委員会や組織委員会、東京都との間で緊密な連携を取りながら、準備を着実に進めていくという考えに変わりはない」と強調した。

無断転載・複製を禁じます
1112382 0 東京オリンピック2020速報 2020/03/17 00:41:00 2020/03/17 13:48:04 2020/03/17 13:48:04

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース