ニュース

聖火リレーまで1週間、ぎりぎりの調整続く…担当者に困惑も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

聖火リレーコース近くに設置された交通規制の看板(16日、福島市で)
聖火リレーコース近くに設置された交通規制の看板(16日、福島市で)

 26日に福島県から始まる東京五輪の聖火リレーまで1週間となった。新型コロナウイルスの影響で、今月に入ってイベントの中止や沿道応援の自粛要請などが決まり、ぎりぎりの調整が続く。準備を進める県や県警などは「福島の成功が五輪全体の成功につながる」と万全の態勢で臨む。

 東京五輪・パラリンピックでは、リレーコースや大会関連施設の上空での小型無人機(ドローン)の使用を特措法で禁じている。万が一に備え、県警はドローン検知器で警戒。不審な機体が飛行していた場合は特殊な妨害電波を発する「ジャミングガン」で操縦不能にする。

 聖火ランナーの一番近くで妨害を防ぐのは警察官の「セキュリティーランナー」だ。6~7人が伴走し、最後のとりでとなる。

 大会組織委員会は沿道での密集状態の回避を求めるが、具体的な方法は示していない。県警は、事故やトラブルを警戒し、当初計画していた警備態勢を縮小せず、予定通り臨む。

 沿道警備は県警の警察官のほか、自治体職員、民間警備員が連携してあたる。リレーコースになっているいわき市の担当者は「どのような言葉で呼びかけるのが適切なのか」と困惑顔だ。県は「集まった観客への呼びかけに強制力はない。混乱が起きないよう、詳しく詰めたい」とし、組織委側と調整を進める。

 県と県警は、リレー時に実施する交通規制時間や迂回うかい路などの看板393枚を26市町村に設置した。チラシの各戸配布のほか、テレビCMでも周知し、混乱が生じないよう努める。

 県警の高沼広行・警備部長は「県民の理解と協力を頂きながら、安全で円滑な開催のために万全を期して臨む」と意気込んでいる。

無断転載禁止
1118828 0 東京オリンピック2020速報 2020/03/20 14:10:00 2020/03/20 14:10:00 2020/03/20 14:10:00 聖火リレーコース近くに設置された交通規制を知らせる看板(3月16日午後1時16分、福島市霞町で)=石沢達洋撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2020/03/20200320-OYT1I50024-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スラローム
カヌー・スプリント
自転車・トラック
自転車・ロード
自転車・BMX
自転車・マウンテンバイク
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9
競技・種目
  • 2020年5月8日更新

サーフィンの7月26日~8月2日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう