ニュース

五輪の可否判断「数日か数週間後にも」…世界陸連会長

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=岡田浩幸、ジュネーブ=杉野謙太郎】新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、世界陸連のセバスチャン・コー会長は21日、東京五輪を開催すべきかどうかの判断が間もなく明らかになるとの見解を示した。ロイター通信が報じた。「数日か数週間後という早いうちに、決定が明らかになるかもしれない」と語った。

 五輪予選やスポーツイベントが相次いで延期や中止となり、選手の練習環境の確保も難しい状況が続く中、コー会長は「公平な競争条件が保証されないならば、競技の健全性は失われる。選手の安全はもちろん、いかなるものも犠牲にしてまで五輪を開催するべきだとは思わない」と述べた。

 各国のオリンピック委員会などからは開催時期の見直しを求める声が上がっており、ロイター通信は22日、セルビアとクロアチアのオリンピック委員会の会長が東京五輪の予定通りの開催に反対し、延期を求めていると伝えた。セルビアの会長は「人命が最優先で、予定通りの開催を目指す日本の方針は一般常識と隔たりがあり、支持できない」と語り、クロアチアの会長も「個人的な意見だが、大会は数か月延期されるべきだし、そうなるだろう」と述べた。

無断転載禁止
関連キーワード
1122243 0 東京オリンピック2020速報 2020/03/22 22:51:00 2020/03/22 23:33:40 2020/03/22 23:33:40

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スラローム
カヌー・スプリント
自転車・トラック
自転車・ロード
自転車・BMX
自転車・マウンテンバイク
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9
競技・種目
  • 2020年5月8日更新

サーフィンの7月26日~8月2日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう