ニュース

[深層NEWS]五輪延期、収束後開催は「世界の結束のシンボルに」

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 中部大の細川昌彦特任教授と東大の四柳宏教授、ニッセイ基礎研究所の伊藤さゆり研究理事、元日本オリンピック委員会(JOC)参事の春日良一氏が23日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済対策や東京五輪・パラリンピックへの影響について議論した。

 国際オリンピック委員会(IOC)が東京五輪の延期について検討を始めると表明したことを受け、細川氏は感染拡大の収束後まで延期して開催できれば、「世界が結束するシンボルとしてポジティブなメッセージになる」と述べた。四柳氏は「夏になれば完全に収まるわけではない」と述べ、長期戦になる可能性があるとの見方を示した。

 伊藤氏は、「経済的に打撃を受けるセクターを支援する知恵が必要」と指摘した。春日氏は、2年延期して2022年に開かれる北京冬季五輪と協力して盛り上げる案を示し、「希望を与えることになる」と語った。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
1124463 0 東京オリンピック2020速報 2020/03/23 22:54:00 2020/03/23 22:54:00 2020/03/23 22:54:00

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年9月2日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう