ニュース

聖火リレー見直し「安全な実施」望む声

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月4、5日に岐阜県内で行われる東京五輪の聖火リレーは、予定通りに行うことが困難な見通しとなった。準備を進めてきたランナーや地元からは「中止となれば残念だが、仕方がない」と理解を示す意見が出る一方、「延期した上で完全なかたちでやってほしい」と望む声も上がった。

 八百津町で聖火ランナーを務める予定の関市の刀鍛冶「26代藤原兼房」こと加藤正文実さん(41)は、「聖火を運んだ体験をいずれ、工房の見学者たちに語るつもりでいる。中止となれば残念な気持ちもあるが、現状を考えれば仕方ない」と複雑な心境を吐露。「聖火リレーが本当にできるのかと不安に思っていただけに『やっぱりか』と感じる」と明かす。

 郡上市を走る予定の「渡辺染物店」の15代目、渡辺一吉さん(50)も「地元の友人たちから『頑張ってね』と声をかけてもらっているのに、中止となれば残念。自分なりの準備は続けていきたい」と話した。

 延期して、当初の予定通りの聖火リレーの実現を希望する声もある。

 県内最年長ランナーの一人で、下呂市でアンカーを務める元小学校長、赤梅昭三さん(91)は「今は感染を抑えることを第一に考えるべきだ」と指摘。その上で、聖火リレーに備え、毎日ジョギングに励んでいるといい、「半年後、1年後に聖火リレーが復活しても走れるように、練習を続けていきたい」と力を込める。

 大垣市のリレー走者で、ロンドンパラリンピック・ゴールボール金メダリストの中嶋茜さん(29)も「みんなが笑顔になれる形で行われることがベスト。延期して、安全な状態で予定通り実施してほしい」と期待する。

 聖火リレーが県内で最初に行われる中津川市馬籠では、馬籠観光協会女性部と地元の農産物加工グループが、沿道の観客に豚汁を振る舞う準備を進めてきたが、感染拡大を受け、計画を中止した。グループ代表の洞田梅子さん(71)は「今の状況では中止もやむを得ない。ただ、延期の可能性も残されているので目の前で聖火リレーを見たい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
1127519 0 東京オリンピック2020速報 2020/03/25 14:10:00 2020/03/25 12:14:45 2020/03/25 12:14:45
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スプリント
カヌー・スラローム
自転車・トラック
自転車・マウンテンバイク
自転車・ロード
自転車・BMX
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8
競技・種目
  • 2020年9月2日更新

サーフィンの7月25日~8月1日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう