ニュース

「思いが揺らぐことはない」「準備万全に」内定選手の恩師らエール

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う東京五輪・パラリンピックの延期決定について、三重県ゆかりの代表選手や指導者らは前向きに受け止め、大会に向けて万全の準備を進める考えを示した。

 男子マラソンの代表に内定した四日市市出身の中村匠吾選手(27)(富士通)は、伊賀白鳳高校の前身・上野工業高校出身。伊賀白鳳高陸上競技部監督で、中村選手の高校時代のコーチだった中武隼一さん(35)は「沿道の応援がない中で走るよりいい。選手は安心したのでは」と語った。

 「延期が約1年後と明確になり、調整しやすいはず。札幌のコースに合わせた練習もできる」と分析。中村選手とは日頃、電話などで連絡を取っており、「1年の猶予をもらったと考え、準備に徹するよう助言したい」とした。

 レスリング女子53キロ級の代表に内定している四日市市出身の向田真優選手(22)を小学生時代に指導した同市のレスリングクラブ監督・宇野勝彦さん(67)は「彼女にとって五輪は子どもの頃からの夢。延期されても、思いが揺らぐことはないでしょう。本番に向けて精いっぱい練習を積んでほしい」とエールを送った。

 柔道100キロ超級の代表に内定した原沢久喜選手(27)(百五銀行)は「自分のやるべきことを徹底していくのみ。最高のパフォーマンスを発揮できるように万全の準備をしていきます」とコメントした。

無断転載禁止
1129768 0 東京オリンピック2020速報 2020/03/26 14:10:00 2020/03/26 12:54:48 2020/03/26 12:54:48

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース

競技日程

  • 競技実施日競技実施日
  • メダル確定日メダル確定日
競技・種目
開会式、閉会式
競泳
飛び込み
水球
アーティスティックスイミング
オープンウオーター
アーチェリー
陸上
バドミントン
野球
ソフトボール
バスケットボール
バスケットボール3人制
ボクシング
カヌー・スラローム
カヌー・スプリント
自転車・トラック
自転車・ロード
自転車・BMX
自転車・マウンテンバイク
馬術
フェンシング
サッカー
ゴルフ
体操
新体操
トランポリン
ハンドボール
ホッケー
柔道
空手
近代五種
ボート
ラグビー
セーリング
射撃
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
卓球
テコンドー
テニス
トライアスロン
バレーボール
ビーチバレー
重量挙げ
レスリング
競技・種目 7月 8月
22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 1 2 3 4 5 6 7 8 9
競技・種目
  • 2020年2月26日更新

サーフィンの7月26日~8月2日はサーフィンフェスティバルを開催。競技日程は波の状況により変更される可能性がある

DAZNでオリンピックを見よう