ニュース

[再始動]東京五輪組織委、21年7月の開幕案まとめる…新型コロナ拡大で準備期間確保

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 1年程度の延期が決まっていた東京五輪・パラリンピックの開催時期をめぐり、大会組織委員会が2021年7月の開幕案をまとめたことが28日、複数の大会関係者への取材でわかった。政府、東京都と協議した上で、国際オリンピック委員会(IOC)に提案する。近年の大会は金曜日開幕となっているケースが多く、今年7月24日開幕の当初計画に近い金曜日として、来年7月23日の開会式が有力となっている。

 新型コロナウイルス終息の見通しが立たない中、少しでも準備期間を長く確保したいとの狙いがある。また、当初計画と大会日程がほぼ同時期となるため、すでに作成しているプランを微調整して活用できるという点も大きい。

 さらに、約8万人が必要となる大会ボランティアを、夏休み中であれば確保しやすい。ウイルスの世界的な感染拡大で、各競技の代表選考会が延期や中止に追い込まれており、出場選手を選べない国際競技連盟(IF)にも配慮した。

 大会組織委の森喜朗会長は28日午前の日本テレビ系列の番組で「できるだけ準備期間は長くおいた方がいい。(開催時期は)6月から9月までの間と考えていいのではないか」と述べ、「来週中には何らかの結論を出したい」と語っていた。

残り:34文字/全文:548文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
スクラップは会員限定です

使い方
1134763 0 東京オリンピック 2020/03/29 01:10:00 2020/03/29 08:46:39 2020/03/29 08:46:39

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース